ここから本文です

メルセデス初の高級ピックアップはニュルよりオフロード!

6/5(月) 15:33配信

clicccar

メルセデスベンツ初の高級ピックアップ「Xクラス」市販型プロトタイプが、初のオフロード走行テストを行いました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



開発が中盤に差し掛かる頃、各メーカーの試作車はニュルブルクリンク・ノルトシェライフェでの高速テストに繰り出しますが、Xクラスにとっては趣が異なり、オフロード走行で仕上げに向かうようです。



待ち受けていたカメラマンによれば、プロトタイプは砂煙を上げ、力強くオフロードを爆走していましたが、上下の動きも少なく、安定した走りだったといいます。

市販型は、コンセプトモデルとは異なるLEDデイタイムランニングライトで、独自デザインのエアインテークを持ち、「GLEクーペ」に似たスポーティーなグリルデザインとなる可能性が高いようです。

また、リアバンパーを外して大きな荷物の積み下ろしを楽にできるといいます。

パワートレインは、最高出力261psを発揮する3リットル直列6気筒エンジンを搭載し、3.5トン以上のけん引を可能にします。

室内には、タブレット型インフォテインメントシステムを装備し、兄弟車の日産「NP300ナバラ」より、高級なモデルに位置づけられます。

(APOLLO)

最終更新:6/5(月) 15:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)