ここから本文です

受注好調の新型SUV「アウディQ2」の魅力とは?

6/5(月) 11:33配信

clicccar

4月26日に発表されたアウディQ2が6月13日から発売されます。アウディのSUVであるQシリーズ最小モデルであるだけに、ベースはコンパクトハッチのA1と思われる方もいるかもしれません。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



プラットフォームは、アウディA3と同じ「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」を使用。つまりフォルクスワーゲン・グループのゴルフと同系統ということになります。

A4のように縦置きエンジンではなく、A1やA3と同じ横置きエンジン+FFという組み合わせになります。もちろん、4WDであるクワトロも欧州などには用意されていますが、日本導入時はFFのみ。

兄貴分のQ3には4WDが設定されていますから、Q2とQ3の差別化を図る意味合いもあるかもしれません。ただし、いずれQ2にも4WDが設定されるのではないでしょうか。



試乗したのは、1.4L TFSIの「Q2 Cylinder on demand Sport」をベースとした、導入記念モデルである「Q2 1st Edition」で、価格は490万円。ただし、試乗車は有償色の「マコウブルーCE」でしたので495万円となっています。さらに、Q2には1.0L TFSI仕様も設定されますが、試乗車はまだ導入されていませんでした。



全長4205×全幅1795×全高1520mmという狭い日本でも扱いやすいサイズに、A3のFFよりも20kg重いだけの1340kgという車両重量ですから、150ps/5000-6000rpm、250Nm/1500-3500rpmというスペックから想像する以上にトルク感もあり、高速域のひと伸びも十分に味わえます。



また、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)である7速Sトロニックの熟成もあって発進時などの極低速域での変速フィールにもほとんど違和感はありません。



非常に攻めた感のあるデザインが目を惹くQ2ですが、しっかり感のあるボディに、やや硬めの乗り味など、乗るとアウディらしさにあふれていて、A3よりも高めのアイポイントなどの利点を享受できますから受注好調というのも頷けます。



(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

最終更新:6/5(月) 11:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)