ここから本文です

緻密な構成が冴えわたる倒叙捜査小説『宿命と真実の炎』貫井徳郎

6/5(月) 7:00配信

Book Bang

 第二十三回山本周五郎賞の受賞作であり、貫井徳郎の代表作でもある『後悔と真実の色』の待望の続編が本書だ。

 交通課の警察官が刺殺され、野方警察署に捜査本部が設置された。捜査一課のベテラン村越と組んだ野方署の刑事・高城理那は、今回の被害者と、交通事故死として処理されていた警察官が同僚だった事実に気づく。だがその矢先、またも警察官が刺殺される。やがて三人に恨みを持つ人物が浮かび上がり、事件は解決したかに思われたが……。

 犯行を続けているのが、淵上誠也とレイの二人組ということは冒頭から明かされている。つまり捜査小説であると同時に、犯人側の視点を描く倒叙形式が合体した凝った構成なのである。連続殺人を結ぶミッシングリンクは、犯人側の奸計によってミスリードされていたのだ。事件は終わっていないことに気づいた高城は、元刑事・西條輝司に協力を求める。

 猟奇事件を解決に導きながら、過酷な運命の転変(ぜひとも前編も読んでほしい)により退職を余儀なくされすべてを失った男と、女性蔑視がはびこる警察の中で肩肘を張って生きている女性刑事が秘かにコンビを組む。孤軍奮闘する女性刑事の成長や、実兄や古本屋の主人との交流を描いた西條をめぐるサイドストーリーも巧みに配され、西條が徐々に世間に目を向けていく過程も描かれる。そして最初から登場しているにもかかわらず、犯人の「正体」が逃げ水のようになかなか近づいてこないのも、計算し尽くされた構成の賜物だろう。ある人物の思わぬ真意が明らかになる最終章に至るまで、随所で新たな驚きに遭遇できる作品なのだ。どうやら西條の再登場も期待できそうなのは嬉しい。

[レビュアー]西上心太(文芸評論家)
にしがみ・しんた

光文社 小説宝石 2017年6月号 掲載

光文社

最終更新:6/5(月) 7:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)