ここから本文です

自転車通勤を始めた40代男性、予想外のメリットとは?

6/6(火) 15:00配信

マネーポストWEB

 ここ数年、街でよく見かけるのが「ロードバイク」と呼ばれるスポーツタイプの自転車。渋滞知らずの自転車は都心部の移動手段としては最強だが、そんな自転車を通勤手段として使うのはどうなのか? 今年に入って自転車通勤を始めた40代の男性・ナカジマさんが、そのメリットを語る。

 ナカジマさんは東京都北区在住で、仕事場は豊島区・池袋。電車通勤の際の乗車時間は10分強で、首都圏在住者にしては恵まれた方だったが、あまりにも酷いJR埼京線の混雑、頻繁に発生する遅延、巷でしばしば話題になる痴漢冤罪のニュースにウンザリしていた。そんな彼が自転車通勤を始めたきっかけは、なんだったのか。

「ロードバイクを買った友人があまりにもその素晴らしさを説くので、『じゃあオレも乗ってみようかな』という話になりました。そして友人に連れて行かれた自転車屋は、なんと会社から歩いて数分の場所。そのまま自転車に乗って家まで帰ったら、普段の通勤時間より早かったんです。そこで『とりあえず1回、自転車で会社まで行ってみるか』と通勤を自転車に切り替え、そのまま半年近く経ちました」

 自宅から仕事場までは片道約7kmあり、当初は上り坂で息が切れたり、疲れて会社に自転車を置いて帰ったりしたこともあったというナカジマさん。「痩せる」「運動不足が解消され、体調が良くなる」「出勤時に“準備運動”が済んでおり、朝から全力で働ける」といったメリットは想定内だったが、想定外のメリットもあったという。

「まず、社内で色々な人から『自転車通勤してるんだって?』と、話しかけられるようになりました。『何分ぐらいかかるの?』とか『疲れない?』とか、話のとっかかりに良いみたいで、社内で顔が広くなりました」

 自転車で通勤しているだけで「健康に気を配り、自己管理がデキるヤツ」と、周囲の評価が上がったというナカジマさん。それ以外にも予期せぬメリットがあったという。

「これまではどちらかと言うと“面倒な仕事を頼まれるキャラ”だったんですが、余計な仕事を頼まれなくなりました。たぶん、『あんまり遅くなると(自転車だから)気の毒』だと思うんでしょう。どうせ残業代は全額つくわけじゃないので、ありがたくさっさと帰らせてもらってます。おかげで自分の時間がすごく増えました。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 18:57
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。