ここから本文です

宮里藍の花道争奪戦 イ・ボミや上田桃子も「ラウンドしたい」

6/6(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 世界ランク1位になった実力とともに人柄も愛された宮里藍(31)らしい引き際だった。5月29日の引退会見の裏では、各方面への気遣いがあったという。

「今季は国内ツアーの『サロンパスカップ』(5月4~7日)、『ブリヂストンレディスオープン』(5月19~21日)にも出ているし、6月8日からは『サントリーレディスオープンゴルフ』にも出場予定。サロンパス、ブリヂストン、サントリーはいずれも藍ちゃんを長年支えてきたスポンサーですが、彼女が米女子ツアーで思う存分戦えるよう、各社とも全盛期は国内主催試合への出場を求めなかった。そうした陰の支援への感謝の気持ちが読み取れる日程です」(ゴルフ専門誌記者)

 会見ではサントリーレディス後は米ツアーに戻り、その後は未定とした。ただ、気遣いを忘れない宮里だけに、「最後の花道」をどうするかが悩ましそうだ。

「9~11月にかけては、高校時代にアマ優勝した『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン』や『樋口久子三菱電機レディス』『伊藤園レディス』など秋のトーナメントが目白押し。引退興行にギャラリーが集まるのは必至で、どこも出てほしい。特に樋口久子・LPGA前会長の冠試合は断わりづらいが、1試合出ると他も出なければならなくなるから明言を避けているのでしょう」(ゴルフ担当記者)

 引退会見ではミヤギテレビのアナウンサーが自社の主催試合に、「ぜひ出場していただきたい」と猛アピールする一幕まであった。

“進路”を巡っても日本ゴルフ協会の倉本昌弘強化委員長が、「東京五輪に向けて女子の指導者に」といったかと思えば、「若手の女子プロからはLPGA役員になってほしいとの声も多い」(若手プロ)という。

 さらに注目となるのはサントリーレディスの予選ラウンドだ。

「同組になりたいとイ・ボミ(28)が大会関係者に猛プッシュしているといいます。キム・ハヌル(28)やアン・シネ(26)ら美人韓流プロに埋もれがちで、アピールしたい気持ちがあるのでしょう。他にも会場となる六甲国際GCを練習拠点とする上田桃子(30)、東北高の後輩の原江里菜(29)や有村智恵(29)も同組を希望していて、今のところボミと上田との同組が有力だという」(協会関係者)

 静かな引退が許されないのは、輝かしい実績を残したからこそだろう。

※週刊ポスト2017年6月16日号