ここから本文です

ファッション・インフルエンサーとブロガーの違いって?

6/6(火) 18:00配信

ハーパーズ バザー・オンライン

この頃ブロガーとかインフルエンサーという単語を耳にすることが多い。いまやファッション業界に影響を与えているのは、雑誌や新聞のエディターだけではない。キャットウォークのフロントローに座る顔ぶれを見てみると、ジャーナリスト、スタイリスト、セレブリティー、そしてそれらの間に位置する人たちがミックスされている。

【写真を見る】今をときめくファッションブロガーやインフルエンサーたち

新しいプレーヤーたちの誕生がファッション業界に緊張感をもたらしていることは事実。ファッションの世界とはそもそも常に変化していくもの。どんな余地だってあるのだ。
ファッション業界に新たな風を吹かせる人々を、ここで一度分類してみよう。

ブロガー

もっとも簡単に説明すると、ブロガーとは主にはその人自身のウエブサイトで知られている人のこと。たとえば、トミー・トン(Tommy Ton)やサルトリアリスト(The Sartorialist)のように写真がベースの人もいれば、スタイル・バブル(Style Bubble)のスサンナ・ラウ(Suzanna Lau)やブロンド・サラダ(The Blond Salad)のキアラ・フェラーニのように原稿を書いている人もいる。
10年ほど前に彼らが現れた時は、ファッション業界を民主化したという意味では画期的なことだった。ビジュアルにせよ文章にせよ、ファッション・ブロガーは独自の視点や独特のテイスト、プレゼンテーションしたりファッションを記録したりするのにユニークな方法を持っている。

成功したブロガーは、自身のウエブサイトから、広告やキャンペーン、ブランドのプロジェクトにより収益を生み出している。中には、ブログが成功してインフルエンサーとしても有名になった人もいる。けれど、ブロガーの未来は不安定。インスタグラムの人気によってアクセスが減り、ブログを閉鎖した人もいる。

インフルエンサー

インフルエンサーはブログを持たず、ソーシャルメディア以外には独自のプラットフォームを持たない。ちょっと前なら“It girl”と呼ばれていたであろう人たちだ。お金をもらってファッションショーやデザイナー主催のディナー、ファッション・パーティーに出席する。その人がいるとブランドのイメージがアップするからだ。今のところ、インフルエンサーの価値はフォロワー数が何人か、どんな人たちがフォロワーになっているかを基本に計算される。

ブランドはインフルエンサーにお金を払って服を着てもらい、彼らはそれを好きなように着た写真をインスタグラムに投稿する。こうしたスポンサー付きの投稿はそのように明示することが法律で定められている(たとえば、ハッシュタグ#ad #promo #sponなどをつけること)。現在、成功しているインフルエンサーには、カミーユ・シャリエールやキャロライン・ヴリーランド、オリヴィア・パレルモ、ハーレー・ヴィエラ・ニュートンなどがいる。ブロガーにせよインフルエンサーにせよ、人気者になればなるほど、その人自身がブランドになり、ファッションやアクセサリーのコレクションやポッドキャストをローンチしたりしている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。