ここから本文です

ジェニファー・ハドソン流「36キロ減」を叶えた食事法

6/6(火) 12:00配信

コスモポリタン

2004年にオーディション番組『アメリカン・アイドル』で歌唱力を評価され、その後映画や演劇への出演、テレビ番組『ザ・ヴォイスUK』の審査員など、一気に活躍の場を広げたジェニファー・ハドソン。そんな彼女は、実はこの7年間で、アメリカサイズの16(日本の19号程度)からサイズ6(9号程度)へと大幅なサイズダウンを成し遂げたのだとか。

ワークアウトの前と後、食べるもので効果が変わる?

イギリスのトーク番組『ロレイン』のインタビューで彼女が語った、36キロ減量後の7年間、リバウンドなしに体型をキープしてきた方法を、<Delish>からご紹介。

食事に気を遣う

ジェニファーは運動する時間があまりない分、食事に関してはかなり気を遣っているそう。「食事にはとても気をつけているわ。1日の食事のペースを考えて、食べるときと食べないときがあるの。早朝に起きた日は、普段なら寝ている時間だから食べないとかね。身体に取り込むものに対してとても意識しているのよ」。

暴飲暴食の誘惑に打ち勝つために、彼女が実践した型破りだけど効果的な方法は、なんとパンケーキを投げること! 「部屋の中でパンケーキを投げたのよ(笑)。食べ物に踊らされるもんですか!ってね」。

さらに、以前<Yahoo!Style>のインタビューではこのように語っていた彼女。「量が多いときは残すわ。何を食べるかにも気をつけているけど、ほとんどの場合は食べる量を調整することが大事。運動はあまりしないけど、アクティブでいることは好きなの」。

7年前に息子のデイビッド君を出産した後、ジェニファーは減量プログラム<ウエイト・ウォツチャーズ>に参加して、効果的な減量方法と、今でも実践している体重キープ法を学んだそう。本当にヘルシーな食事を実践することが、最初は難しかったと告白。

「今までの食事に対する考えを変えなければいけなかったわ。パスタや揚げ物、赤身の肉を食べないことが健康的だと思っていたけど違ったの。ピザは10年間も食べていなかった」(2011年、<SELF>のインタビューにて)。

「炭水化物を抜くとか、厳しい食事制限をするダイエットだと身体が思うように動かなくなるわ。食事の量とバランスさえ気をつければ体重をキープできるし、何を食べてもいいのよ」と、今は考え方が変わった様子。

強い意思で今でもこの食事法を続けているというジェニファー。希代の歌姫のヘルシーでハッピーな食事スタイルがこちら!

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。