ここから本文です

ティオテ急死、元同僚らが哀悼の意 「家族のためにプレーすることを愛していた」

6/6(火) 8:58配信

Football ZONE web

ブラジルW杯で日本とも対戦、中国2部北京控股の練習中に倒れる

 ニューカッスルなどで活躍した中国2部北京控股の元コートジボワール代表MFシェイク・ティオテが、妻と生まれてくる子どもを残し、30歳という若さで亡くなった。元同僚や監督らサッカー界から悲しみのメッセージが続々と届いている。

 ティオテは5日、チームトレーニングの最中に意識を失い、病院へ緊急搬送された。しかし、回復することなく、そのまま帰らぬ人となった。同選手には2人の女性との間に計3人の子どもがいるが、英紙「デイリー・メール」によればさらに現在のパートナーが妊娠していることが判明。近く出産の予定だったが、父親としてその顔を見ることは叶わなかった。

 突然の訃報に、サッカー界からから悲しみのメッセージが届いている。英公共放送「BBC」のラジオ5のインタビューに応じたのは、かつてトゥエンテ、ニューカッスルでティオテを指導したスティーブ・マクラーレン氏。「彼は勝者。信じられない」と衝撃を受けている。

 マクラーレン氏は「ニューカッスルにいた頃、(セネガル代表FWパピス・)シセとシェイクが笑っていれば世界がOKだと分かっていた」とチームのムードメーカー的存在だったと振り返っている。その様子を「フットボール界で最も美しい笑顔」と表現した。さらにティオテが中国へ移籍した理由は家族を養うためだったとし、家族思いの一面も明かしている。

「いつも笑っていて、笑顔の素晴らしい男」

「中国でのプレーは彼の夢だったし、私はそれが実現して嬉しかったよ。彼は家族の世話をするためにお金を稼いでいた。彼は家族のためにプレーすることを愛していた。全て親戚、おじやおば、祖父母などみんなが彼を頼りにしていたからね」

 ティオテが約7年プレーしたニューカッスルは、公式ツイッターで「今日、中国で元ニューカッスル・ユナイテッドのシェイク・ティオテ選手の悲しい死の知らせを聞き、私たちは打ちひしがれています」と投稿した。

 その他にもニューカッスルGKティム・クルルは、ツイッターに「シェイクのニュースは本当に悲しい…大好きなチームメートの一人だ」というメッセージと、二人で抱き合う写真を投稿している。同じく元同僚MFジョーイ・バートンも「シェイク・ティオテの死は大きなショック。いつも笑っていて、笑顔の素晴らしい男」とコメントした。

 2014年ブラジル・ワールドカップでは日本代表との試合にも出場したセンターハーフの死は、サッカー界に大きな衝撃を与えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/6(火) 8:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新