ここから本文です

もう夏は怖くない!自分の身体を好きになる10のヒント

6/6(火) 21:00配信

コスモポリタン

夏が近づいてくると、自分の体型が気になり出す人は多いはず。せっせとダイエット&運動に励むのもいいけど、体型にかかわらず自分の体を好きになることがまず第一。

ワークアウトの前と後、食べるもので効果が変わる?

というわけで、自分の体を好きになるための10のヒントを、コスモポリタン フィリピン版からお届け!

すぐには難しくても、実践しているうちにきっと自信がわいてくるはず。

1.裸の自分を受け入れる

まずは鏡で、裸の自分をよく見ること。見れば見るほど、あまり好きではなかった部分を受け入れられるようになって、好きだった部分はもっと好きになれるはず。

2.気に入っている部分を堂々と見せる

胸は小学生並みだったとしても(!?)、お尻がいい形をしていると気づいたら、そっちを強調するべき。足りない部分を気にするより、良い部分を意識して。そうするうちに自信がわいてくるのが実感できるはず。

3.落ち着かない水着は着ない

もし、手持ちのビキニを着るとぜい肉にばかりに目が行ってしまうなら、自分が魅力的に見えると感じる水着を買うべき。写真のときに友達の後ろに隠れるようでは、海を楽しめないから。

4.他の女性の体と自分の体を比べない

「私の胸が彼女くらい大きかったら、ストラップレスビキニが落ちてこないのになぁ…」「彼女みたいなお腹だったら、こんなに腹筋運動をしなくて済むのに」。誰だって、そんな風に思うことはあるもの。どうしても止められない場合は、人を羨む自分をほんの数秒間だけ許して、その後は自分自身と自分が元気になることに関心を向けてみて。

5.批判はやめて、褒める

自分の外見について悪く言われたことがあって、今度は別の誰かに同じことをしているとしたら、それは悪循環。代わりに、相手をもっと褒めるようにしてみて。友達が髪を切った時や、知り合いが水着姿の写真をアップした時、あるいはエレベーターで一緒になったまったく見知らぬ人にだって、とにかく好意を示すこと! それによってあなたは誰かを1日幸せにすることができるかもしれないし、それが続いていけば、世界平和につながるかも!?

6.自己評価が低くなるようなSNSアカウントからは遠ざかる

鍛えた身体のセレブたちを毎日見て、自分を追い詰める必要はなし! 自分が仲間になれないと落ち込むような人々や、広告は見ないようにすること。たとえフォローを解除したって、相手は気づかないから大丈夫。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 21:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ