ここから本文です

アウディ新型A5に乗る──日本では8割がスポーツバック!?

6/6(火) 22:01配信

GQ JAPAN

アウディ車の中でもとりわけ評価が高かったA5シリーズが、先ごろフルモデルチェンジした。クーペ、スポーツバック、カブリオレという3つの車型を揃えながら、エレガンスと機能性をうまくバランスさせた魅力は、新型でも上手に継承されていた。

【アウディ新型A5のフォトギャラリーはこちら 】

■クーペにするか、スポーツバックにするか

アウディの新型A5が2017年4月に販売を開始した。クーペ、スポーツバック、カブリオレとイッキに3車型。同時にスポーティなS5シリーズも導入し、アウディジャパンのヤル気を感じる。

そもそもA5クーペ(先代)は2007年にデビューしたモデル。「エレガンスとスポーティネスを融合させた美しいスタイリング」というアウディの惹句はけっして誇張でなく、一般からの評価も高かった。

今回ジャーナリスト向けの試乗会で提供されたのは、A5 スポーツバックとA5 クーペ。それにS5 スポーツバックとS5 クーペだった。

新型クーペの良さは“短い”という本来の意味をうまくスタイリングにとりいれ、躍動的な雰囲気を持っているところ。それでいて後席は十分なスペースを有する。従来型はクリーンなサーフェス(ボディの表面)がクオリティの高さを強く感じさせたが、新型クーペはフェンダーのフレアなどを強調し、力強さを打ち出しているのが印象的だ。

もちろん“4ドアのクーペ”ともいえる独自のスタイリングテーマを世に浸透させたA5 スポーツバックも同様だ。とりわけオーガニックな動きを感じさせる車体側面のキャラクターラインが目を惹く。カブリオレは遅れての試乗になるので、ここではクーペとスポーツバックにしぼって解説したい。

A5 スポーツバックとA5 クーペ、2つのモデルが搭載する2リッター4気筒エンジンは、185kW(252ps)の最高出力と370Nmの最大トルクを持つ。これに7段Sトロニック変速機とフルタイム4WDのクワトロという組み合わせだ。

ちなみに高性能版のS5は260kW(354ps)の最高出力に、500Nmの最大トルク。数値からいってよりパワフルだ。当然ながら4つの車輪で大パワーを受け止めるクワトロ・システムを備える。

今回、A5 スポーツバックにはもうひとつ気になるニュースがあった。それが前輪駆動版の追加だ。こちらは「Bサイクル」とアウディが名づけた190psの2リッター4気筒エンジンを搭載する。Bサイクルユニットを端的に説明すると、燃焼コントロール技術を燃費改善に役立てる、というシロモノ。負荷(アクセルペダルの踏み込み量)に応じてそれが浅ければ吸気バルブを早めに閉じて燃料消費を低減する。日本へは遅れての導入となる。

■日本では8割がスポーツバック!?

空調の吹き出し口など、新世代のデザインを採用したダッシュボードは、先代からのクリーンかつ使いやすいロジカルさを特徴としている点は同じだが、新しさはきちんと盛り込んでいる。ドアの開閉感からシートのかけ心地、さらに各種操作類にいたるまでの感触の良さといい、動きといい、いわゆる品質感の高さは“やはりアウディ”と評価したい。

A5 スポーツバック 2.0 TFSI sportは、たしかにスポーティさが楽しいモデルだった。1600rpmから最大トルクを発生しはじめる2リッターユニットは、走りだしからスムーズだ。車体の重量感はまず感じない。7段オートマチック変速機はパワーを効率よく取り出すのにいい働きをしている。中間加速性も大事にしているのだろう。2000rpmの少し上のあたりをキープするような設定なのが印象的だ。

それゆえ、少しアクセルペダルを深く踏み込むと、サッと加速に移る。瞬発力の良さを感じさせるのだ。とはいえ、いちばん気持ちいいのは、3000rpmの少し上を使っての力強い走りっぷりだ。

ステアリングは軽めで運転のしやすさは万人向け。静粛性の高い室内で質感の高いインテリアに包まれ、軽めのステアリングホイール操作をしているときの快適な気分は、このモデルの真骨頂かもしれない。

さきに触れたようにクーペはデザイン性が高い。リアクオーターピラーを後輪の上に配置したプロポーションはクルマにおける美の定石。この基本が出来ているから見飽きない。いっぽうスポーツバックはやや低めのルーフを持ちながら、4人の大人に十分なスペースを提供している。「日本ではA5シリーズのうち8割がスポーツバック」とアウディジャパンでは教えてくれたが、高い機能性ゆえだろう。

スポーツバックのラインナップは、前輪駆動のA5 スポーツバック 2.0 TFSI(546万円~)にはじまる。上にはパワフルな(今回の試乗車である)A5 スポーツバック 2.0 TFSI クワトロ・スポーツ(686万円)とS5 スポーツバック(913万円)。クーペは、A5 クーペ 2.0 TFSI クワトロ・スポーツ(686万円)とS5クーペ(913万円)がある。

文・小川フミオ 写真・荒川正幸

最終更新:6/6(火) 22:01
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年11月号
2017年9月23日発売

600円(税込)

EXILE AKIRAが登場!ニューヨークのアキラ/いま手に入れるべき禁断のNew It アイテム大行進!!/浅草&錦糸町「酒場ガイド」 濹東綺〝舌〞ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ