ここから本文です

地球上で最も有名なアスリート20位に 米メディアも認める錦織の価値

6/6(火) 21:18配信

THE ANSWER

米メディア特集「ワールド・フェイム100」…世界のスーパースターと双璧の20位

 男子テニスシングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は現在、初のグランドスラム制覇を目指し、全仏オープンで奮闘している。今季、右手首などの故障の影響もあり、いまだタイトルを手にできていないが、その注目度は世界でもトップクラスのようだ。米メディア選定のスポーツ界の“セレブトップ100”の格付けで、サッカーのレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウド、バスケットボールのNBAクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズら、キラ星の如き世界のスーパースターの中で堂々の20傑入りを果たした。

【画像】1位はあのイケメンサッカー選手、錦織は20位…ESPNが選出したスポーツ界の“セレブトップ100”一覧

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、ソーシャルメディアのフォロワー数や肖像権収入などから、地球上で最も有名なアスリートを選定。「ワールド・フェイム100」という特集を実施し、錦織は日本人として唯一、ランキング入り。アジア人NO1に輝いている。

 テニス界では錦織が4位のロジャー・フェデラー(スイス)、9位のラファエル・ナダル(スペイン)、19位のセレーナ・ウィリアムス(アメリカ)に次ぎ、4番目で全体の20位に選出された。

 錦織の広告収入は3000万ドル(約33億3000万円)。インスタグラムのフォロワー数は22万5000人、フェイスブックのフォロワー数は67万1000人、ツイッターのフォロワー数は74万8000人。計164万4600人と圧倒的な人気に支えられ、昨季47位から大きくジャンプアップすることとなった。

「なぜ、彼は名声を博したのか」という項目では、錦織の輝かしい成績が紹介されている。

「彼の目標はお金や広告収入じゃないんだ」…代理人が語る錦織の“人間像”とは

 グランドスラム優勝はないものの、2014年全米オープンでアジア人初のグランドスラム決勝進出。男子日本人テニス史上最高位となる4位、リオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得し、日本勢として96年ぶりに表彰台に立っている。

 記事では、27歳の年齢に触れ、「グランドスラムの男子シングルスでアジア人初の優勝者となる時間はまだある」と伸びしろを期待し、さらに日本に帰れないほどの人気と分析。昨年のジャパンオープンで練習見たさに9000人のファンが集結し、喧騒を避けるため、フロリダを拠点としていることにも触れている。

 また、「彼はとても集中力のある若者だ。歴史を作りたいと願っている。彼の目標はお金や広告収入じゃないんだ」という代理人のオリビエ・ファン・リンドンク氏の錦織評も紹介されている。

 錦織の1つ下の21位には、NFLの看板クォーターバック、トム・ブレイディ(ニューイングランド・ペイトリオッツ)、22位にはレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル、23位には女子テニスの妖精、マリア・シャラポワら錚々たる名前が並んでいる。錦織は米メディアからもスポーツ界を代表するトップスターと認識されているようだ。

 ちなみに、トップ100にランクインした選手の内訳は男女含めて全14種目。全体の約4割を占めたサッカー(38人)が断トツで、NBA(13人)、ゴルフ(11人)、テニス(10人)、NFL(8人)が続いている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/6(火) 21:18
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ