ここから本文です

驚異の強さを見せる『美女と野獣』が7週連続首位キープ! 初登場2位の『LOGAN』は「泣かせにくる(号泣)」と絶賛の声【週末映画興行成績】

6/6(火) 18:00配信

おたぽる

 6月3日~6月4日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 今週1位は引き続き驚異の強さを見せるディズニー映画『美女と野獣』。週末2日間で動員約21万6,000人、興収3億600万円を記録し、これで7週連続首位!

 洋画実写作品で動員ランキングが公開から7週連続1位を獲得したのは、2009年に公開された大ヒット映画『アバター』以来のこと。公開42日目の6月1日には、累計興収100億円超えを達成し、10年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』の37日間で100億円超えという記録に次ぐ、ディズニー作品史上2番目に速い大台突破となった。

 初登場2位となったのは週末2日間で動員11万3,600人、興収1億6,300万円をあげた『LOGAN/ローガン』。『X-MEN』シリーズで最高の人気を誇る“ウルヴァリン”ことローガンを描く『ウルヴァリン』シリーズの第3作目となる。アメコミ映画の隆盛をけん引してきたローガンを演じるのは、00年公開の『X-MEN』から同キャラクターとともに人気を培ってきたヒュー・ジャックマン。ローガン役を務めるのは今作で17年目となり、ヒューにとってこれが最後の『X-MEN』作品となる。

『LOGAN/ローガン』は、ミュータントが絶滅の危機に直面している中、ローガンがミュータント救済のカギとなる少女を守り抜こうとするストーリー。ヒューは同作について「本当に全力を出し切った」と語っていたが、その熱量は観客にも伝わったようす。

 ネット上では「最初から泣かせにきてやがる! まんまと号泣したけどな」「ラストに向けてのバトルシーン、いままでのバトルを思い出してこみ上げるもんがあったよ……」「最高としか言いようがない! ただのヒーロー映画じゃなく、ローガンという1人の男を追ったドキュメンタリーとして傑作」「ヒューが演じる最後のウルヴァリンにふさわしい完成度だったな」と絶賛の声で溢れている。「Yahoo! 映画」での点数も4.11点と中々の高評価(6日現在)。口コミでのさらなる動員に期待がかかる。

 続けて3位も初登場の『花戦さ』。野村萬斎が戦国時代の花僧・池坊専好を演じ、豊臣秀吉の乱心に刀ではなく“花”で立ち向かっていくという物語が描かれている。週末2日間で動員10万7,000人、興収1億2,600万円を記録。東映によると、茶の道を描いた13年公開の作品『利休にたずねよ』と比べ、動員比135.8%、興収比144.9%という順調な滑り出し。客層は女性が6~7割となっており、ネット上でも「野村萬斎カッコいい」「佐藤浩市の色気よ……」と黄色い声が続出している。渋好みの女性をリピーターにできればさらに数字を伸ばしていきそうだ。

 続けて4位は、週末2日間で動員8万6,000人、興収1億1,900万円をあげた『ちょっと今から仕事やめてくる』。前週との動員比が84.3%とまずまずの数字をキープしている。そして5位に『家族はつらいよ2』がランクイン。

 6位は数字を伸ばし続けている『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』。先週はシリーズ最高興収記録を更新したが、現在は累計動員500万人、累計興収は65億円を突破しており、まだまだ勢いは衰えそうにない。

 その後7位『ピーチガール』、8位『帝一の國』、9位『君のまなざし』、10位『ワイルド・スピード ICE BREAK』という結果となった今週のランキング。

 今週末は人気アイドルアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』(テレビ東京系)のスピンオフ作品『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』や、藤原竜也主演のサスペンス作『22年目の告白 -私が殺人犯です-』などが公開されるだけに、順位をかき乱しそう。首位を頑なにキープし続ける『美女と野獣』、熱いファンに支持されている『LOGAN』の順位に動きがでるか、注目していきたい。

最終更新:6/6(火) 18:00
おたぽる