ここから本文です

グーグルCEOが語る:「AIファースト」と「未来のクラウド」の全貌

6/6(火) 18:31配信

WIRED.jp

「AI(人工知能)ファースト」を掲げるグーグルが、AIに最適化した新たな半導体を主軸にした戦略を強化している。そのAIをフル活用したクラウドサーヴィスを展開していくというグーグルの未来図について、CEOのサンダー・ピチャイが『WIRED』US版のインタヴューに答えた。

かくしてグーグルは独自の「AI専用チップ」を開発した──音声認識や「AlphaGo」を支える驚異の技術

毎年恒例となったグーグルの開発者向けカンファレンス「Google I/O」の2日前。2017年5月15日(米国時間)にインタヴューに応じたグーグルCEO(最高経営責任者)のサンダー・ピチャイは、基調講演を前に喉を気遣ってか、ゆっくりと穏やかに話し始めた。

ピチャイが繰り返し語ってきた通り、グーグルは今や「AIファースト」な企業である。だが今回のインタヴューの半ばで、ピチャイはグーグルが機械学習に最適化したTPU(Tensor Processing Unit)と呼ばれるチップ[日本語版記事]の最新版を発表し、それが人工知能(AI)の新潮流を強化するために特別に開発したものであることを明かした。語り口こそ穏やかだったが、このニュースはテック業界を駆け巡ることだろう。

グーグルは2016年のカンファレンスで、このAI用のTPUを発表している。しかし今回は全く別物だ。ピチャイによると、グーグルの新型チップは昨年のものよりはるかに強力で、多用途につかえる。そして最新の機械学習技術を取り入れただけでなく、機械学習ソフトウェアを訓練するために設計されたという。インテルを筆頭に他社もこうした半導体の開発にしのぎを削っているが、これほどの半導体を開発した企業はないと言っていい。

ピチャイは、このAIチップを誰もが使えるようにするのだという。それはグーグルが目指す「AIの民主化」の第一歩になる。

グーグルが目指す「AIの民主化」の姿

「わたしたちの取り組みのなかで最もエキサイティングなことのひとつは、機械学習とAIを身近なものにすることです。あらゆる人が利用できるようにすることが大事なのです」と、ピチャイは水曜朝の基調講演の直後、控室で語った。会場に流れる音楽が壁の向こう側から漏れ聞こえるなか、彼の声には興奮と活力が戻っていた。「今回の試みは非常に重要なものなのです」

今回発表したAIチップを外販する予定があるかと尋ねると、ピチャイは「ノー」だという。それは「民主化の行きすぎ」だというのだ。グーグルは半導体そのものを売るのではなく、自社製のAIチップのパワーをクラウドサーヴィス経由で開放することになる。

「わたしたちは最先端の機械学習とAIの技術が、クラウドプラットフォームの差別化要因になると考えています」と、ピチャイは語る。つまり、新型チップと新しいサーヴィスを組み合わせることで、グーグルのクラウドビジネスを、アマゾンやマイクロフトなどよりも優位なものにしたいというわけだ。

グーグルにはAIの研究所が2つある。シリコンバレーの本社に拠点を置くGoogle Brainと、ロンドンのスタートアップでグーグルが3年ほど前に買収したDeepMind[日本語版記事]だ。この2カ所でグーグルはAIの研究開発を進めており、産業や経済を様変わりさせようとしている。さらに以前から知られているように、グーグルはデータセンターの構築とサーヴァー運用の手法も大きく変えようとしている。

1/3ページ

最終更新:6/6(火) 18:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。