ここから本文です

パサつき&UVダメージ…夏の日差しに負けない美髪をつくるためのQ&A

6/6(火) 20:00配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」7月号から、この季節に気になる髪のパサつき&UVダメージの正しいケアをご紹介。今年はダメージ知らずの髪で夏美人に。

プロがズバリあなたの髪状態を診断【美髪診断】

Q.みんなの髪悩みって何?
A.< マキア世代に共通の悩みは、ダメージ! >

多くの人が髪悩みとしてあげたのが「パサつき」。そのほか乾燥やまとまりにくさ、ツヤのなさなどダメージ由来の悩みがずらり。スタイルも大事だけれど、まずはケアを見直すべき。


【 教えてくれたのは 】
★ P&G 研究開発部 シニアサイエンティスト 林 陽子さん ★
幅広いリサーチや研究をベースにした、髪と頭皮を根本から美しく導くヘアケア知識に精通。ヘアケアプロダクツの製品開発を担当。

★ 美髪アドバイザー 田村マナさん ★
自身もストレスから20代で薄毛に悩み、正しい知識とセルフケアで克服した経験が。共著『頭皮ケアで始める美髪バイブル』(講談社)

★ ビューティ・プロデューサー 美香さん ★
『AMATA』オーナー、毛髪診断士。新しいトリートメントやプロダクツをキャッチする鋭い感覚の主。腰まで届くツヤ髪でも有名。

★ 資生堂リサーチセンター 島田有紀さん ★
研究員・毛髪診断士。抜群のスタイリング技術と幅広いヘアケアの知識を活かし、健康的でスタイルが決まる美髪のコツを啓蒙中。

★ 『サロン・ド・リジュー』オーナー 永本羚映子さん ★
まだ頭皮ケアが注目されていなかった15年前にサロンを開業。頭皮をデトックスする独自のアプローチと結果に熱烈なファンが多い。


< ダメージ知らずの髪で、夏美人に >

■ 30代のダントツ悩みはこれ
<< パサつき >>
スタイルがまとまらず、清潔感もなくなる髪のパサつき。その克服法を徹底リサーチ。

Q.髪が傷む原因って?
A.< 紫外線や熱、摩擦、カラーリングにパーマ…髪には多大なストレスが >

「ヘアカラーやパーマ、それに摩擦や熱などの物理的な要因、それから紫外線・冷暖房による環境的なものが3大要因」(島田さん)
「間違ったブラッシングや洗髪などもダメージ要因に」(林さん)


Q.一度ダメージを受けた髪は戻らない?
A.< 「治す」のは無理ですが、目立たなくはできます >

「髪は肌のように再生しないので、一度受けたダメージはそのまま。ただしケアで目立たなくなります」(島田さん)
「技術が格段に進化しているので、ダメージを忘れられる髪が可能に」(美香さん)

AMATA
●東京都港区南青山6- 4-14 INOXAOYAMA 5F 
Tel 03(3406)1700 
営11:00~21:00(日・祝日10:00~19:00)
休 火・水曜 
質感持続型トリートメント「ドゥーエ・オット」(¥11500)開始。


Q.いま、30代の髪ってどんな状態?
A.< キューティクルが剥がれている人が多い >

「髪や頭皮の老化は25歳から始まりますが、30歳前後は自覚がないもの。スコープで見るとキューティクルが剥がれている人、コテの使いすぎでキューティクルがなくなっている人も」(永本さん)


Q.ダメージのない髪ってあるの?
A.< 生まれたての髪はいつだってバージンヘア >

「生えてくる髪は赤ちゃんのバージンヘアと同じく、ダメージを受けていない状態。だからケアを始めればダメージは最小限で防ぐことができるんです」(永本さん)


Q.髪の傷みやすさは遺伝する?
A.< 毛質が似るので、ダメージ度合いも似る可能性大 >

「キューティクルの厚みや髪の細さなどは遺伝しますよね。猫っ毛で細い髪のほうが傷みやすいので、その意味ではダメージも遺伝するといえるかも」(田村さん)


Q.リンス、トリートメント、コンディショナー……私の髪に合うのは?
A.< なめらかさ優先ならリンス、内部補修ならトリートメントかコンディショナー >

「リンスやコンディショナーは髪を酸性成分で引き締めるもの、トリートメントは内部に浸透して補修するものというのが基本。メーカーによって位置づけがかなり違います」(田村さん)


Q.多少パサついた髪は巻きやすい気が……
A.< 事実ですが放置しないで! >

「パサついた髪を当然と思っている人が多いですね。ツヤやハリ、コシのある髪のほうがカールがつきにくいのは事実ですが、放置していると切れ毛や細毛になってしまいます」(永本さん)


■ 顔より太陽に近い髪と頭皮は要注意
<< UVダメージ >>
日差しをモロに浴びてしまう髪と頭皮。そのダメージをしっかり防ぐのが美髪の近道!

Q.髪が日焼けするとどんなダメージが起こる?
A.< 乾燥や枝毛、色あせなど複合的に勃発します >

「髪のメラニンが破壊され、色があせますね。それに弾性も低下で髪の組織の結合が切れ、枝毛や切れ毛につながります。また、頭皮の皮脂が酸化するのでニオイやかゆみも生じやすく」(美香さん)


Q.ヘアケア以外のUV対策は?
A.< 日傘やインナーサプリ、βカロテンを >

「日傘をさす、通気性のよい帽子をかぶるなども立派なヘア&頭皮のケアに」(永本さん)
「肌の日焼けダメージを防ぐサプリは、頭皮にもいい影響が。焼けた後はビタミン類をたっぷり摂って」(田村さん)