ここから本文です

ACL8強、6年ぶりの日本勢対決! 浦和監督「力が拮抗した相手」、川崎FW小林「残念」と吐露

6/6(火) 20:04配信

Football ZONE web

6日にACL準々決勝の組み合わせ抽選会 東地区は日本勢と中国勢同士の対決に

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の組み合わせ抽選会が6日に行われ、東地区は浦和レッズ対川崎フロンターレの日本勢対決、上海上港と広州恒大の中国勢対決に決まった。これを受けて、浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督とキャプテンのMF阿部勇樹、川崎の鬼木達監督とキャプテンのFW小林悠がそれぞれコメントを発表している。

【動画】日韓のプライドを懸けた120分の死闘… ACL「浦和vs済州」ハイライト

 08 年以来 9年ぶりに準々決勝に進出した浦和と、09 年以来 8 年ぶりに 8 強入りを決めた川崎。日本チーム同士の対戦は、2011年のガンバ大阪対セレッソ大阪の大阪ダービー以来、6年ぶりとなる。

 浦和の阿部は「互いをよく知る、川崎フロンターレが対戦相手ということで、非常に難しいゲームになると思います。しかし、ここまで勝ち残っているチームはどこも力があると思いますし、自分たち自身はもちろん、支えてくださっているファン・サポーターのみなさんの力も信じて戦い、ベスト4へ勝ち上がりたいと思います」と語った。

 またペトロヴィッチ監督は川崎の力を認めつつ、警戒を強めながらも勝利を誓っている。

「ベスト8に残っている東地区の4チームは、どこも力があり、どこと対戦をしても、簡単にはいかない、力が拮抗した相手です。我々は川崎フロンターレと対戦することになりましたが、川崎も強く、また日本勢同士ということで、互いをよく知る中での対戦となります。非常に難しい厳しいゲームになることが予想されますが、我々は、これまでどおり、チーム、そして浦和レッズに関わるすべての方たちと一丸となり、全力を尽くして、次のステージに勝ち上がるだけだと考えています」

川崎の小林は浦和をリスペクトも…

 一方、川崎の小林は浦和をJリーグ屈指の強豪とリスペクトしつつ、日本勢対決について「非常に残念」と本音を吐露している。

「川崎フロンターレとして3度目の準々決勝に進出となりました。アジアでも日本でも戦うサッカーは同じです。一つひとつの試合に全力で挑み、勝ち上がっていきたいと思っています。対戦が決まった浦和レッズはJリーグを代表する強豪チームになります。過去何度も対戦をしてきて、お互いにいい試合をしてきました。今回、日本勢同士で当たるのは非常に残念ですが、お互いに良い試合をして勝ち上がっていきたい。相手をリスペクトして戦い、アジアにフロンターレのサッカーを見せていきたいです」

 また、今季から川崎を率いる鬼木監督は「準々決勝の相手が浦和レッズに決まりました。今年の浦和は昨年以上に強いので我々が勝ち進めば、遅かれ早かれ戦うことになると思っていました」と大きな驚きはなかったとしている。そのうえで、「我々フロンターレは日本を代表してアジアで戦っています。強い気持ちをもってフロンターレらしいサッカーで戦い、フロンターレを支えてくれる全ての皆様と共に次のラウンドに進みたいと思います」と意気込んでいる。

 6年ぶりにACLの舞台で実現する日本勢対決は、果たしてどちらに軍配があがるのだろうか。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 20:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新