ここから本文です

原口が求める高速カウンターの精度向上 「コンビネーションをもっと高めたい」

6/6(火) 23:00配信

Football ZONE web

国際親善試合のシリア戦に向けて「いろいろとトライしていきたい」

 日本代表FW原口元気は、国際親善試合シリア戦を翌日に控えた6日のトレーニングを終えると、今後の強豪国との対戦を見据えてハリルジャパンの攻撃の課題を話した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 原口はハリルジャパンで左サイドアタッカーのレギュラーをつかみ、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも4ゴールと躍動している。推進力のあるドリブル突破と守備に労を惜しまないハードワークにより、新たな日本のキーマンになりつつあるが、チームとして攻撃面には課題があるという。

「攻撃のコンビネーションはもっと高めていきたいポイントだし、個々が仕掛けるというのは持ち味であると思うけど、強い相手になった時にはコンビネーション。親善試合でいろいろとトライしていきたい」

 日本の前線には原口をはじめ、MF香川真司やFW久保裕也など個々で局面を打開できる能力を備えた選手が並ぶ。それでも強豪国が相手になった時には、連携して相手を崩していくことが必要だと話している。

「ドリブルで持ち上がるのも良いけど…」

 13日に行われるW杯アジア最終予選のイラク戦を見据えた意味でも、原口は「ずっとやっている速い攻撃に移る時に、ドリブルで持ち上がるのも良いけど、長いボールを入れてもらっての前線のコンビネーションや、そのクオリティー、ワンタッチをどこで入れるかなどもやっていかないといけないと思う」と話した。

 ハリルジャパンの武器になりつつある高速カウンターに関しても、数人の連動性によりブラッシュアップする余地は残されていると話す。左サイドで躍動する原口のドリブル突破は大きな魅力だが、美しい連携でシリアゴールを割ることができれば、イラク戦に向けても最高の手応えになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/6(火) 23:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新