ここから本文です

【日本代表】遠藤航が狙うは世代交代!「僕たちみたいな選手がスタメンを争わないと」

6/6(火) 22:02配信

SOCCER DIGEST Web

「自分の特長は浦和でCBをやっている時と変わらない」

 日本代表が6日、親善試合・シリア戦に向けた前日練習を行った。トレーニングを終え、ミックスゾーンに現れた浦和の遠藤航は、自身の置かれた立場について、次のように答えた。
 
「僕みたいに入ったり入らなかったりという選手たちが、スタメンを争うくらいのクオリティを見せていかないと代表のレベルも上がっていかない。そういう意味ではリオ世代が今回は何人か、多く入ったのは良いことだし、僕らの世代がここから世代交代できるくらいのプレーを見せないといけないと思っています」
 
 7日にシリア戦、そして13日にワールドカップ予選のイラク戦を戦う6月シリーズのメンバーには、遠藤のほか5人(中村航輔、三浦弦太、井手口陽介、久保裕也、浅野拓磨)のリオ五輪世代が名を連ねた。そのうちGK中村、DF三浦が初招集だ。
 
「リオ世代が増えたね、みたいな話はしています。ずっと一緒にやっている選手がA代表でも一緒になるのは、お互いに良さは出しやすいかなと」
 
 リオ五輪でキャプテンを務めた遠藤にとって、ともにアジア予選や世界を戦ったチームメイトたちの存在は心強いようだ。現時点でA代表のレギュラー格と言えるのは久保裕也くらいだが、遠藤は自分たちが主軸となる未来を想像しているに違いない。
 
 そのためには、まず自分のポジション獲得が最優先事項だろう。もちろん、この守備のスペシャリストは、生き残るためのアピールポイントをしっかりと把握している。
 
「代表ではMFで呼んでもらっていますが、自分の特長は浦和でCBをやっている時と変わらない。球際とか、そこら辺の良さをシンプルに出すだけかなと思っています」
 
 クラブとは違うポジションでのプレーを求められても、自分の武器は見失わない。ハリルホジッチ監督が重要視するデュエルの強さを前面に押し出して、A代表での居場所を確保しに行く。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

最終更新:6/6(火) 22:42
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ