ここから本文です

映画「カーズ」をリアルに再現するスフィロ社の LIGHTNING McQUEEN - 大谷和利 魅惑するプロダクツ

6/6(火) 18:00配信

ニューズウィーク日本版

<映画「カーズ」の主人公がそのまま飛び出してきたかのようなSphero社のカー・トイは、一見、よくできたラジコンカーに見えるが、実際には過去に例を見ないほどのテクノロジーが詰め込まれているロボティック・カー・トイだ>

LIGHTNING McQUEENといえば、ディズニー/ピクサーの映画「カーズ」の主人公で、人格を持ったレースカーとして描かれるキャラクターだ。

大ヒット映画の人気者だけあって、これまでにも数々のオモチャが作られてはきたが、それらはMcQUEENの外観を再現することが主眼で、本当の意味で彼の個性が感じられるような製品ではなかった。

ただし、それは、ある意味で仕方ないことともいえた。映画の中のMcQUEENは、コンピュータグラフィックスを駆使して、まるで生き物のように表情を変え、車体の動きによって感情まで表現されている。これを物理的なオモチャで実現するのは、至難の技と思えたからだ。

映画の主人公がそのまま飛び出してきた

ところが、このほど登場したスフィロ社のLIGHTNING McQUEENは、ディズニー/ピクサーの全面協力の下、映画のクリエイティブ・ディレクターによる表情や動きの監修も受けて、まるで映画の主人公がそのまま飛び出してきたかのような製品に仕上がっている。一瞥しただけでも、よくできたラジコンカーに見えるが、実際には過去に例を見ないほどのテクノロジーが詰め込まれている。

すなわち、ウィンドシールド(フロントウィンドウ)には専用開発された台形のLCDスクリーンが組み込まれてリアルタイム生成の目のアニメーションが表示され、ラジエーターグリル代わりの口も、映画などで恐竜の動きなどを再現するアニマトロニクス技術によっておしゃべりすることができる。

車の皮を被ったロボット

また、車体をゆすったり傾けたりするためのモーターが駆動用と併せて計6個、ユーザーが触れると反応するタッチパネルがエンジンフードやルーフなどに計5個、そしてMcQUEENの声やエンジン音を高音質で再生するスピーカーシステムとライト類を自動点灯させる光センサーが、それぞれ組み込まれており、まさに車の皮を被ったロボットというべきだ。

【参考記事】スター・ウォーズの球形ロボトイも作ったスフィロ社の教育向けロボット

走りも滑らかそのもので、車体の向きにかかわらず、プレーヤーは自分が向いている方向を常に前と考えてスマートフォンからコントロールできるため、初心者でも簡単に操縦できる。

日本では6月23日から販売が開始され、価格は38.380円(税別)とやや高めだが、McQUEENの実車が家にやってくると考えれば十分納得できる対価かもしれない。

Ultimate Lightning McQueen by Sphero

大谷和利

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・15号
8/ 8発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。