ここから本文です

W杯で日本と対戦した元コートジボワール代表MFが急死か。中国メディア報じる

6/6(火) 0:27配信

フットボールチャンネル

 中国2部リーグの北京控股に所属する元コートジボワール代表MFシェイク・ティオテが5日に亡くなった模様だと、中国メディアが報じている。

 報道によると、ティオテは5日午後の練習中で倒れて、搬送された病院で死亡が確認された。クラブからはまだ正式な発表がなく、頭部からの落下や心臓発作など、現時点で原因については情報が錯綜している。

 2005年にベルギーのアンデルレヒトで欧州でのキャリアをスタートさせたティオテは、2007/08シーズンにオランダのローダで経験を積み、08年から10年までトゥエンテで活躍。その後、舞台をイングランドに移し、ニューカッスルでプレーしていた。そして今年2月、北京控股への移籍が決まっている。

 2009年からはコートジボワール代表としてプレー。2014年ワールドカップでは、日本戦にも出場していた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ