ここから本文です

来季レアル加入予定のテオ、性的暴行の容疑で訴えられる

6/6(火) 14:20配信

フットボールチャンネル

 現アラベス所属で来季からレアル・マドリーへの加入が予定されているDFテオ・エルナンデスが性的暴行の容疑で告発されたようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 事件は現地時間4日の午前4時ごろ、スペイン・アンダルシア地方のマルベジャにあるディスコで起きた。友人の若い女性と再会したテオは、貸し切り部屋で仲良く酒を飲んでいた。その後車の鍵を獲りに行かなければならないと言って女性を外へ誘い出し、二人は駐車場へ向かった。車の後部座席へ入り、キスをし始め性的行為を行おうとしたところ、女性はこれを拒否。それにもかかわらずテオ側が無理やり続行しようとしたことが今回の事件の発端となっている。

 抵抗を続けたことで車から投げ飛ばされた女性は、もといた貸し切り部屋へ戻った。しかし、そこでもテオのチームメイトであるDFアレクシス・ルアーノから暴言を受けた。女性は他の友人とともにその場所を後にし、自宅へ向かったようだ。

 最終的には女性側の主張にいくつかの矛盾が生じていると警察が判断し、テオは釈放されたと伝えられている。今季の目覚ましい活躍でレアル加入のチャンスを得ただけに、テオとしてはこのような事件で自身の価値を下げることは避けたいところだ。



 

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)