ここから本文です

「日本は世界的に有名なチーム」。対戦を勉強の機会としたいシリア監督

6/6(火) 19:08配信

フットボールチャンネル

 日本代表は7日に行われる国際親善試合で、シリア代表と対戦する。シリアのアイマン・ハキーム監督が試合前日の記者会見に臨んだ。

 日本にとっては13日に控えるロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に向けた準備となるが、シリアにとっても同じこと。日本とは別のグループAで4位に位置するシリアは、3位ウズベキスタンと4ポイント差という厳しい状況ながらも予選突破の可能性を残している。「明日はとても大切な、大きな試合になる。(13日の)中国戦に向けて良い試合だ」と指揮官はこの一戦の意味を強調した。

 シリア代表は過去にW杯に出場したことがなく、初の世界舞台を追い求めている。「(W杯に出場できれば)シリアにとって大きな出来事であり、まさにドリームだ。夢を実現するため、厳しい状況の中で練習をして準備してきた。あと3試合だが、粘り強く戦って、国民の期待に応えられるように頑張りたい」とハキーム監督は語った。

 日本代表とは2次予選で対戦し、0-3、0-5と大差での連敗を喫している。「我々は日本のことを尊敬している。世界的にも有名なチームであり、良い教訓になるだろう。明日の試合では選手たちが勉強できるのではないか」とハキーム監督は述べ、日本に胸を借りる姿勢を示した。

 最終予選でのシリアは堅守を見せ、ここまで7試合を3失点に抑えてきた。「守備面では我々は強いと思ううが、ディフェンスの戦術をもっと高めていきたい」と監督はチームの長所を押し出した戦いへの意欲を見せている。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ