ここから本文です

ジェンソン・バトン「SUPER GT鈴鹿1000km」参戦記者会見で語った、今後について【SUPER GT タイヤメーカーテスト】

6/6(火) 21:25配信

clicccar

2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン選手が8月27日(日)に開催される「SUPER GT鈴鹿1000km」に参戦するという超ビックニュースが飛び込み、さらに6月6日(火)、7日(水)に鈴鹿サーキットで行われる「SUPER GTタイヤメーカーテスト」にも参加するということで、大好きなバトン選手に会いたい一心で鈴鹿サーキットにきちゃいました!

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

今回はバトン選手のSUPER GT鈴鹿1000km参戦記者会見の様子をどどーんとお届けします!!



この記者会見に登壇したのは、バトン選手、ホンダ山本雅史モータースポーツ部長、ホンダTEAM無限 手塚長孝監督の3人。

ステージ上には3人が座る椅子が用意されており、誰がどこに座るか分かりやすいように名前の書いたテープが貼ってあったのですが、そのテープに気が付いたバトン選手はおもむろにテープを剥がし、「俺がJBだ!」と言わんばかりにアピール。少し緊張気味だった記者会見場の空気が和んだ瞬間でした。かっこいいのにお茶目な一面もある、この人柄がバトン選手の一番の魅力のような気がします。

まずは、「日本に戻ってこれて本当に嬉しいです。鈴鹿サーキットには1991年にカートで走ったことや、2011年のF1日本GP優勝など、たくさんの素晴らしい思い出があります。」と嬉しそうに話すバトン選手。

「SUPER GT鈴鹿1000km」参戦について

「周りの人からSUPER GTの素晴らしさ、たとえばクラスの違うマシンをオーバーテイクしながらレースをするなど、F1にはない戦いがたくさん見ることができると聞いてきました。屋根付きのクルマに乗る事も初めてですし、左ハンドルも初めて。ベストを尽くし、ファンの皆さんの前で頑張りたいと思います。」

と意気込みを語っていました。



前々からSUPER GTに興味があると言っていたバトン選手でしたが正直、日本向けのリップサービスだろうなと思っていたので、参戦が発表された時には本当に驚きました。バトン選手の参戦はどのようにして決まったのか、その経緯について山本部長が教えてくれましたよ。

「昨年の日本GPの際、東京でマクラーレンとホンダで一緒に食事をしました。その時、ジェンソンがGT500に凄く興味があると話していたんです。それで、昨年の12月に行われたHONDA THANKS DAYでコンセプトGTに乗ってもらったところ、『NSX面白いね!』という話になり、『じゃあ鈴鹿1000kmに出てみる?』といった食事中の会話がもともとのスタートです。」

まさか食事中の会話が本当に実現するとは! 「食事中の話を本当にやってくれて、ジェンソンには感謝しています。『テストにも行くよ!』と言ってくれて嬉しかったです。」と、山本部長もびっくりだったようです。



そして、「バトン選手の参戦が決まって、まずびっくり!でした。ワールドクラスのドライバーなので凄くプレッシャーでした。」と未だにバトン選手の参戦が信じられない様子の手塚監督。

するとバトン選手が手塚監督に「リラ~ックス、リラ~ックス」と笑いながら肩を揺らし、すでにチームワークもバッチリ!?

この会見が行われたのは、午前のテスト後。手塚監督はバトン選手の仕事振りに大満足だったようです。

「わずか11周でも、新しく得る物がいろいろありました。ヨコハマタイヤを迎え入れ、タイヤとマシンのマッチングがまだまだ分からない部分に対して、タイヤやクルマのインプレッションを中嶋選手、武藤選手と違う視点で伝えてくれたことは凄くありがたかったです。チームとしても、新しい方向に持って行かなければいけないなと思いました。午後の走行も期待しています。」

さて、バトン選手は初めてドライブしたGTマシンをどのように感じたのでしょうか。

「良い印象しかないです。8歳からレースをやってきてレーシングカーには慣れていますが、このクルマの特徴を掴んで一生懸命やっていきたいと思います。また、僕にとってはチームメイトが2人もいるのがめずらしい! まだ2時間程しか一緒に過ごしていませんが、たくさんの情報をもらって感謝しています。クルマ自体は本当に良いクルマですし、ホンダNSXで鈴鹿サーキットを走ることができるのは嬉しいです。本番が待ち遠しいです。」

さらに、続けます。

「GT300はもちろん速いですが、GT500のマシンはそれに増す速さでGTカーシリーズの中ではSUPER GTのマシンは世界一だと思いました。S字に入る時のスピードが高いところなど、『小さなF1』に乗っているように感じましたね。クルマのバランスについても段々分かってきたので、チームと話し合ってより良いマシンを作って行きたいと思います。」



スーパーGTといえば4社のタイヤメーカーの争いも見所の一つですが、ずっとF1で走ってきたバトン選手にとってはとても貴重な経験だったのだとか。

「こんなにたくさんのタイヤで競争するというのは初めてですし、タイヤテストもF1では2007年以来ないので、凄く久しぶりの体験です。でもそれが良い経験となっています。」



また、SUPER GTについてF1テストドライバーを務めたこともあるジェームス・ロシター選手(LEXUS TEAM au TOM’S)と話したこともあるそうでうよ。

「ジェームスから、GT500とGT300の混戦で追い越しも多く、本当に最初から最後までエキサイティングなレースだという話を聞いています。ジェームスとはチームもタイヤメーカーも違いますので、マシンについて共有することはないと思いますが、同じフィールドで走ることを楽しみにしています。」



そして誰もが気になる、バトン選手の今後についても語ってくれました。

「鈴鹿1000kmの後はノープランです。でも、まだまだレースをしたいという気持ちが強く、来年はまた何等かの形でレースに参戦したいと思っています。その為に今、いろいろな経験をすることが重要だと思い、今は毎日を楽しく、もらったチャンスを一生懸命頑張って鈴鹿1000kmに臨みたいと思っています。」



最後ファンの皆さんへメッセージがありますよ!

「ファンの人がいなければモータースポーツは成り立たないものであって、本当に大事な存在です。特に日本のファンは昔から多く、大事にしています。また、SUPER GTのファンは日本のファンの中でも『特別』と伺っていますので、その皆さんに会えることを楽しみにしています。もちろん、僕のF1時代からのファンもたくさんいるので、ぜい皆さんにも来ていただきたいと思いますし、SUPER GTはF1と違ってファンとドライバーの距離が近いです。せっかくのチャンスですので、みんなに応援に来てもらえればなと思います。走るからにはベストを尽くして勝ちたいですし、みんなに感謝の気持ちを込めて鈴鹿1000kmを走ります!」

終始笑顔で質問に答えていたバトン選手は、F1とは別世界と言っても過言ではないSUPER GTを心から楽しんでいるようでした。まだどのカテゴリーで走るかは未定のようですが、来年もレースに参戦したいと思っているようで、バトンファンにも一安心でしょう!

「SUPER GT鈴鹿1000km」で、山本部長と手塚監督が大絶賛だったバトン選手の「ワールドクラス」の走りを見られることが楽しみで仕方ありません!!

(yuri)

最終更新:6/6(火) 21:25
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)