ここから本文です

比嘉大吾、13連続KOで新王者に 具志堅の秘蔵っ子

6/6(火) 5:59配信

デイリー新潮

 いま、ボクシングの世界チャンピオンは日本に何人いるか。正解は「12人」だが、この新チャンプの名は憶えておいてもいいだろう。

 比嘉大吾、21歳。

 5月20日、WBC世界フライ級タイトルマッチで、メキシコの前王者エルナンデスに6回TKO勝ち。これでプロ戦績は驚異の13戦無敗13KO。全戦KO勝ちでの世界戴冠は日本人初の快挙である。

「日本中が注目した村田諒太の世界初挑戦。比嘉の一戦はその“前座”でしたが、フジテレビは1Rから生中継を敢行。“村田だけでなく、比嘉も見てほしい”という期待の表れです」

 とボクシングライター。

「実は彼、“ボクシングの聖地”後楽園ホールでいま最も集客力があるボクサーなんです。人気の理由は、何と言っても100%のKO率ですが、“アンチエリートの叩き上げ”であることもファン心理をくすぐっています」

 沖縄本島出身の比嘉は、中学まで野球少年で、ボクシングを始めたのは宮古工高入学後。アマ戦績は国体8強と比較的地味だったが、父親の伝手で出会った具志堅用高氏に見出された。

「タイに武者修行に出掛け、KOしてくるなど、ハートの強さも折り紙つき。1Rからガンガン攻める、日本では珍しいタイプです。具志堅、浜田剛史、平仲明信ら沖縄出身ボクサーらしい荒々しさを継承していて、オールドファンもわくわくさせる。実は、会場の有明コロシアムでは、村田より比嘉のファンの声援の方が目立っていました」(同)

 師匠・具志堅氏が会長を務める「白井・具志堅ジム」は創設22年。比嘉は、同ジム初の世界王者になった。試合翌日、氏は記者たちに、

「大吾が王者にならなければジム閉鎖も考えていた」

 と明かしている。

 奇しくも師が世界王者になったのも21歳。伝説を作る時間はたっぷりある。

「週刊新潮」2017年6月1日号 掲載

新潮社

最終更新:6/6(火) 5:59
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。