ここから本文です

〈あなそれ〉”有島君”もリアルに恐れる“平成の冬彦さん”東出昌大&仲里依紗の怪演

6/6(火) 19:00配信

デイリー新潮

 絶賛放送中のTBSドラマ「あなたのことはそれほど」。波瑠が演じる渡辺美都が、初恋の人有島光軌(鈴木伸之)と再会し、ドロドロのダブル不倫にはまっていくというストーリーなのだが、主演以上に話題をかっさらっているのが美都の夫・渡辺涼太を演じる東出昌大と、有島の嫁・麗華を演じる仲里依紗の怪演である。
 
 放送開始当初から、東出演じる渡辺涼太の美都への異常な執着が1992年放送のドラマ「ずっとあなたが好きだった」に登場した冬彦さんに似ていると話題になっていたが、前回放送の7話では、不倫夫の嫁を演じる仲が話題となった。

 仲演じる麗華が、久々の夫とのデートで「(自分が)明るい家庭を築けるとは思っていなかった」「(娘の)亜胡がいて幸せ」「亜胡を私にくれて本当にありがとう」などと執拗に夫に感謝を伝えるところから恐怖は始まっていた。麗華の言葉を聞いて「バカだった…軽いノリと昔の思い出と……」と自ら浮気を告白しかける夫に、麗華は「何の話?」「私が知ってるのは、渡辺という女が訪ねて来た。日を置いて私の前に2度現れた男も渡辺といった。あなたは私に聞かれて困ることがあると、ちょっとフリーズする。それだけよ」と真顔でピシャリ。冷静に夫を追い詰める仲の姿に視聴者は大喝采。SNSでも「1人で仲里依紗の演技力に怯えてる笑」「本当、東出昌大と仲里依紗の演技が最高ですな今週の仲里依紗はめっさ怖かった」「仲里依紗の、地味だけどマジで怖い演技、とんでもねー!」と仲の演技力を絶賛する声が上がっている。

 その2人の怪演ぶりは、視聴者だけでなく共演者にも刺激を与えているようで、美都の不倫相手“有島君”を演じる劇団EXILEの鈴木伸之はアメーバオフィシャルプレスのインタビューで「(麗華役の仲里依紗に問い詰められるシーンは)演じながら恐怖を感じています。最近、仲さんが夢に出てくるんです」と告白。また東出昌大についても「6話のワインをぶちまけるシーンは笑いました。怖いを通り越して、おぞましいものになってきたなと」「5話の公園のシーンで、1回だけ(東出昌大と)現場で一緒になったのですが、あの服装で一緒にいるとでっくん(東出昌大)だと分かっていても怖い」と絶賛している。

 そんな「あなたのことはそれほど」8話は、今夜10時から放送。本日も東出と仲の怪演が楽しみだ。

デイリー新潮編集部

2017年6月6日 掲載

新潮社

最終更新:6/6(火) 19:05
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。