ここから本文です

中高生のおこづかい事情 平均額は減少

6/7(水) 11:00配信

オーヴォ

 子供の頃のお小遣い、何に使っていただろう? お菓子? 本? おもちゃ? ネットが普及してから後の世代は、音楽やゲーム、マンガなど無料で楽しむ方法もあり、案外定額のお小遣いにこだわらなくなってきているらしい。15年前の調査と比べると、毎月定額お小遣いをもらう中高生はかなり減っている。

 首都圏在住の中高生を対象にした「おこづかい」に関する調査(リサーチ・アンド・ディベロプメント・東京)によると、「毎月決まった額をもらう」中高生が15年前は72%いたが、今は56.7%と大幅減。「必要な時にその都度」もらっている人が2割を占め、「もらっていない」も1割を超えている。

 お小遣いの平均金額も、高校生は2000年調査では5000~1万円がなんと6割弱だったが、今回調査では半数を割った。1 カ月の平均金額は、4,019円で、15年前との比較では701円の減少だった。

最終更新:6/7(水) 11:00
オーヴォ