ここから本文です

新食感の進化系が登場!最新パンケーキBEST3

6/7(水) 10:00配信

東京ウォーカー

Eggs’n Thingsなどボリューム感あるパンケーキのブームに続き、なめらかな食感やサプライズ感にこだわった進化系パンケーキのブームが到来。今回は東京で押さえておきたい最新パンケーキBEST3を紹介しよう。

【写真を見る】「カフェ アクイーユ 恵比寿本店 cafe accueil Ebisu」のアクイーユパンケーキ メープルシロップとフレッシュバター(842円/ハーフ)は、もちふわ感のある一品

■ <1>ふわとろ口溶けの新食感「FLIPPER'S 下北沢店」

2016年7月に誕生したスフレパンケーキ専門店の「FLIPPER'S 下北沢店」。通常の2倍の量の卵から作るリッチな生地を、注文ごとに低温で丁寧に焼き上げている。奇跡のパンケーキ プレーン(1080円)は、宮城県白石蔵王産の卵や国産小麦などを配合した生地+コクのあるオリジナルメープルバタークリームが絶品だ。

■ <2>もちふわな生地の厚みに感動!!「カフェ アクイーユ 恵比寿本店 cafe accueil Ebisu」

行列ができるパンケーキ店の先駆けといえる「カフェ アクイーユ 恵比寿本店 cafe accueil Ebisu」。定番の焼きマシュマロパンケーキ(972円/ハーフ)や、多彩な季節替りのパンケーキも人気。材料にバターミルクと餅粉を使用したアクイーユパンケーキ メープルシロップとフレッシュバター(842円/ハーフ)は、もちふわ感のある一品。厚みを保ち焼き上げた生地がトレードマークになっている。

■ <3>“飲めるパンケーキ”を体験!「VERY FANCY loves ANNTEANA」

“パンケーキ王子”こと杉本悟氏がプロデュースするパンケーキ専門店「VERY FANCY loves ANNTEANA(ベリー ファンシー ラブズ アンティーナ)」。ミックスベリー(1242円)などのほか、食事系パンケーキにも注力している。パンケーキ プレーン(864円)は、自家製チーズなど素材にこだわり、注文ごとにメレンゲを立てて作るパンケーキでしっとりふわふわな新食感に仕上げている。【東京ウォーカー】

最終更新:6/7(水) 10:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ