ここから本文です

「リバース」クールな玉森裕太が体現するイヤミスの魅力[ジャニ読みブックガイド第2回]

6/7(水) 16:00配信

Book Bang

 僕の事より君、僕といつでも君な皆さん、こんにちは。ジャニーズが演じた教師役といえば、誰を思い浮かべますか? 古くは「教師びんびん物語」の田原俊彦、最近だと「ごめんね青春!」の錦戸くん(関ジャニ∞)、「弱くても勝てます」のニノ(嵐)、「時をかける少女」のシゲ(NEWS)……まだまだいっぱいあるぞ。
 だが、これまで熱血先生から殺せんせー(え? )までいろんな教師を演じてきたジャニーズの中で、今、私たちは初めてのタイプを目にしている。美しくて冷静沈着、「え、この教師ってジャニーズなの?」と視聴者を驚かせ、「え、これがあの天然ゆるふわ玉ちゃんなの?」とファンを驚かせた、浅見先生だ。

■Kis-My-Ft2・玉森裕太出演! 「リバース」

 ということで第2回は、現在放送中のドラマ「リバース」(TBS系)を取り上げよう。原作は湊かなえの同名小説。主演は藤原竜也さんだが、主要な人物としてキスマイ玉森くんが高校教師・浅見役で出演している。

 まず、原作とドラマの違いをチェック。
 原作小説の紹介からいこう。主人公の深瀬和久は、大学4年の夏にゼミ旅行で訪れた高原で親友の広沢を亡くした。遅れてきた村井を車で迎えに行く途中、崖から転落したのだ。事故として処理されたが、他の4人──村井、谷原、浅見、深瀬──の間には、誰にも言えない秘密があった。
 ところが3年経った今になって、4人の周囲に、彼らが人殺しであるという怪文書が届く。送ったのは誰なのか。なぜ今、あのことが蒸し返されようとしているのか……。

 というのが原作の設定で、ドラマでは卒業から10年後になっていたり、夏が冬になっていたり、事件を追うジャーナリストが出てきたり、遺体発見の状況が違っていたりという改変はあれど、初回は基本的には原作通りに進んでいた。ところが第2回以降、武田鉄矢演じるジャーナリストに「事故に見せかけた殺人」とはっきり言わせたのを皮切りに、原作にはない要素がガンガン入っている。いやあ、どうなるのかな、これ。

1/3ページ

最終更新:6/21(水) 16:25
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)