ここから本文です

【月刊『WiLL』(7月号)より】〈北朝鮮〉カラ威張り・ハッタリだけが生きる道

2017/6/7(水) 9:00配信 有料

WiLL

北朝鮮のニュースを見ると

 北朝鮮からは、連日威勢のいい声が聞こえてくる。アメリカの原子力空母「カールビンソン」に対し、
「わが革命軍は、米国の原子力空母を1発で撃沈することによって北朝鮮の軍事力を誇示する用意がある」
「太って肥大しただけの変態動物でくず鉄同然の空母」
 と言ってのけた。
 カールビンソンといえば、全長333メートル、乗員の定員は約5000人、搭載機は66機もあり「洋上の要塞都市」ともいわれ、1隻で中小国の空軍をしのぐ攻撃能力を持っているとさえ言われているほどだ。アメリカが誇る世界最大級で最強の軍艦である。そのカールビンソンに対し「1発で撃沈する」とは、自信過剰な国と言わざるを得ない。 本文:4,874文字 この記事の続きをお読みいただくには、WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    308円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    206円/月(初月無料)

WiLLプレミアム on Yahoo!ニュースの記事一覧へ戻る

豊田隆雄(歴史作家)

最終更新:2017/6/7(水) 9:00
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2018年8月号
6月26日発売

特別定価840円(税込)

【米朝会議の核心】トランプの本気に屈した金正恩
【新聞・TV・週刊誌もウソばかり!】朝日はアジビラどころかペットのトイレマット