ここから本文です

世界も注目!湯船四つで約470畳!?の大露天風呂を満喫

6/7(水) 13:30配信

旅行読売

宝川温泉 汪泉閣(群馬・みなかみ町)

 「やっぱり、すごい!」
 宝川温泉を知ってから20数年。20回近くは訪れているが、いつ来ても巨大な露天風呂に新鮮な驚きを覚える。
 ここは群馬県最北、水上温泉郷にある一軒宿の秘湯で、映画「テルマエロマエ2」の撮影地にもなった。俳優の阿部寛さんと女優の上戸彩さんが、仲良く温泉につかるシーンがこの宿の子宝の湯(写真)である。
 42室・130人規模の宿ながら、200畳の子宝の湯、120畳の摩訶の湯、100畳の摩耶の湯、50畳の般若の湯の四つの露天風呂がある。摩耶の湯以外は混浴だが、日帰り客はバスタオルを巻いて入浴でき、宿泊客には湯浴み着を貸し出している。
 近年はインターネットで話題になり、海外からの来湯者も多い。この日もアメリカ、オーストラリア、ガーナなどの旅行者が、日本人に交じって裸文化を楽しんでいた。社長の小野与志雄さんが、「宿泊客100人のうち、日本人が4人だけの日もありました」と、近年の変貌ぶりを熱弁する。
 新緑はこれからが本番。雪解け水で渓流に躍る飛沫は激しさを増し、湯船を覆うブナやナラなどの若葉と相まって風趣に富む景観を見せてくれる。差し込む陽が若葉を透かす日中もいいし、石灯籠の灯りに湯けむりがたゆたう夜も素敵。かけ流しの源泉が瀬音とハーモニーを奏で、ほかには何も聞こえない。心まで洗われる思いである。自然に抱かれるこの開放感、一度知るとクセになる。

文/松田秀雄

■9時~17時/無休/1500円(15時以降は1200円)。往復バス運賃と入浴料がセットで水上駅発2900円、上毛高原駅発3900円/1泊2食1万4000円~/上越線水上駅からバス33分、宝川温泉下車すぐ/関越道水上ICから国道291号、県道63号経由18キロ/電話0278・75・2611

最終更新:6/7(水) 13:30
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売11月号

旅行読売出版社

2017年11月号
9月28日発売

540円


第1特集 紅葉を見ながら 古道・街道をゆく
第2特集 酒蔵・ワイナリーへの旅