ここから本文です

足元から若々しく。巻き爪、白濁…“足の爪”トラブル解消&予防法

6/7(水) 19:02配信

集英社ハピプラニュース

気づきにくく、ついついケアが後回しになりがちな足の爪。ふと見るとトラブルが…というときは諦めずに長期戦を目指して。

この記事をWeb eclatで読む

脚美容 汚爪は老け爪一直線 足爪トラブルを解決せよ
エクラ世代に多い爪悩み一問一答
■痛い! 食い込む巻き爪
「幅が細い靴の圧が原因のほとんど。痛い場合も多いし、炎症を伴う2次感染症の心配も。爪を長め&特に親指の角(上図)はスクエア状に伸ばし、皮膚にめり込ませないのが一番。保険外ですが、クリニックでのワイヤー法という施述もあります」

■たくさんの縦線が爪に出ている
「縦のガタガタは爪の生まれる爪母という部位の老化によるもの。健康上の心配はないけれど爪用美容液などで老化を予防して」。美容液成分入りで爪の保護にも。

■白濁してきた…。もしや…
「白濁し、厚くなってきたらそれは爪水虫の可能性大。清潔にして、蒸れをなるべく避けましょう」。ストッキングでの足蒸れの予防にスプレーなども。Ban フットデオドラントスプレー 135g(医薬部外品・オープン価格)/ライオン

■きれいな足の爪を生やしたい
「インナーケアも効果的です。爪の栄養となるのは、亜鉛、ビタミンB群、タンパク質など。髪にいい栄養素と同じなので、育毛用サプリで爪が強くなったという例も」。ウォブスタイル GFボリュームプロ 90錠 ¥11,000/ウォブスタイル

■白い斑点が現れた!
「斑点は『点状爪甲白斑』という突然変異の現象です。爪が異常角化して発生するものなので、原因がわかっていません。病気ではないので、伸びて切るのを待つしかないのが現状。白いものがすじ状だと感染症の恐れもあるので病院へ」

■ひしゃげた小指の爪、どうすれば
「原因は靴の外的圧迫ですね。ヒール靴はどうしても小指に体重がかかり、爪を守ろうと甘皮がぶ厚く。それに爪が埋もれたり、圧でしだいに変形したり。改善するには、小指が痛くならない靴を、長期戦で履くしかないかと思われます」

ツヤのある健康な足の爪はあきらめずに長期戦で
「爪も、実は年齢が出やすい個所。髪の毛と同じタンパク質のケラチンが主成分なので、髪のダメージを実感している大人の女性であれば、おそらくほとんどのかたが爪も薄くもろくなってきているはず。特に足の爪は髪や手の爪と違い、目につきにくい部位なのでエイジングがわかりにくくお手入れが後回しになりがち。けれど靴の圧がかかり変形しやすかったりと、意外とデリケートなものなのです。日々チェックしてあげてください。トラブルが発生した場合、爪の治療は長期戦で挑めば快方に向かいます。あきらめずに、美しい素爪を目ざしましょう」

先生は…
●皮膚科医 高瀬聡子さん
美容皮膚科「ウォブクリニック 中目黒」(wove.jp/)総院長。アンチエイジングのケアを中心に診療しているが、皮膚科医として、肌や爪の高い専門知識も。