ここから本文です

フォーマル結婚式で困った!「こんな時、どうしたらいいの?」

6/7(水) 19:30配信

集英社ハピプラニュース

マナー上ではよしとされていても、場違いだったりすることも…。お悩みをもとに、その解決策をご紹介!

【写真】ちょっとおめかししたい日のパーティコーデ


Q.お呼ばれに“パンツ”で行くのはマナー違反?

A.もちろんパンツでもOK。色や素材で華やかに。どうしてもワンピースは苦
手という人や、まわりとかぶりたくないという人には、パンツのセットアップに頼るのも一手。ただし、ここはハレの席。優しい印象に仕上がるベージュや、スカート見えするワイドパンツをチョイスして、あくまで女らしくが吉。

セットアップ¥24,000/アクアガール丸の内(アクアガール) ネックレス¥23,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルル フロスト) バングル¥5,200/ジューシーロック バッグ¥33,000/パリゴ 丸の内店(サンティ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ)

Q.「白」以外のキレイ色なら、何を選んでもいいの?

A.原色は避けるのがベター。シックな色で上品に。顔まわりを明るく見せるカラーワンピは、アラフォー世代にこそトライしてほしいアイテム。赤ならボルドー、イエローならマスタードと、主役のふたりを立てる意味でも、ワントーン落ち着いた色を選ぶのは必須。そのぶん、サテンやジョーゼットなど、高級感のある素材を選んでクラス感たっぷりに。

ワンピース¥35,000/FUN(アイロン) ピアス¥45,000/ショールームセッション(マリハ) バングル¥29,000/フラッパーズ(サレット バイ エリタケカワ) バッグ¥16,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) 靴¥15,000/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)


撮影/戸松 愛 ヘア&メイク/小林 懸(glams) スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子  取材・原文/伊藤真知