ここから本文です

香川負傷交代の日本、シリア守備陣を攻略できず 膠着状態のまま0-0で後半へ

6/7(水) 20:14配信

Football ZONE web

開始10分で香川が左肩を痛めるアクシデント、効果的な攻撃を見せられず

 日本代表は7日、東京スタジアムで国際親善試合のシリア戦に挑み、互いにチャンスの少ない膠着状態のまま前半を終えた。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 バヒド・ハリルホジッチ監督は、このシリア戦を13日のワールドカップ最終予選イラク戦へのテストと位置づけ、新戦力ではなく、これまでも招集してきた既存のメンバーによるコンディションチェックと連携向上を重視したメンバーを組んだ。

 しかし、試合開始直後に大きな誤算が起きてしまう。左サイドの守備に参加したMF香川真司が地面に腕をついて左肩を痛め、前半10分にしてMF倉田秋との負傷交代を余儀なくされた。

 最終予選グループAで7試合を終えて2得点3失点と堅守を誇るシリアに対し、日本は効果的な攻撃を多く見せられなかった。守備面では1対1の対応にやや不安定さを見せたものの、決定機を作らせることなくゲームを進めた。

 結局、前半は両チームがゴールネットを揺らす瞬間は訪れず、スコアレスのままハーフタイムに突入した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/7(水) 20:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新