ここから本文です

レアルがモラタ獲得を狙うマンUの74億円オファー拒否! 110億円への増額要求

6/7(水) 22:45配信

Football ZONE web

“金満”なメガクラブ同士での駆け引き激化

 マンチェスター・ユナイテッドはここ数年の移籍市場で湯水の如く資金を投下し、マーケットの主役となっている。あまりの金満ぶりが災いしたのか、交渉相手から足下を見られてしまっているようだ。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ユナイテッドはレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタ獲得を目指し、移籍金5240万ポンド(約74億円)の正式オファーを出したが、レアル側はこれを断固拒否。移籍金として7800万ポンド(約110億円)を要求していることが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 モラタは今季リーガ・エスパニョーラとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成したチームで、FWカリム・ベンゼマの控えという立場だったが、公式戦20ゴールを記録している。

 レアルは今季開幕前に、ユベントスから3000万ユーロ(約37億円)の買い戻しオプションを行使。ユナイテッドの最初のオファーでも37億円の売却益を見込めるが、昨季終了後にユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ獲得に、移籍史上最高額の1億500万ユーロ(約129億円)をつぎ込んだユナイテッドの金満ぶりを見越して、さらなる増額オファーを求めているようだ。

交渉失敗時はベロッティ獲得に動くとも

「スカイ・スポーツ」によれば、ユナイテッドはモラタ獲得交渉に失敗した場合、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ獲得に動くと報じられている。移籍金は1億ユーロ(約123億円)に設定されており、いずれの場合もユナイテッドは1トップ補強に100億円超えの巨額資金を投入することになる。

 “赤い悪魔”は今季、パリ・サンジェルマンから加入したカリスマFWズラタン・イブラヒモビッチが公式戦28ゴールと大爆発したが、右膝前十字靭帯断裂で年内復帰も危ぶまれており、夏の移籍市場で大物ストライカーの補強に動くと見られているが、一筋縄ではいかない模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/7(水) 22:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ