ここから本文です

2年2カ月ぶり代表戦で乾が圧巻のプレー! “楽しさ”表現も「結果を出さないと意味がない」

6/7(水) 23:45配信

Football ZONE web

シリア戦の後半途中から出場、左サイドからチャンスを何度も演出

 バルセロナ相手に2得点を奪った男が、久々にブルーのユニフォームを身にまとい躍動した。エイバルのFW乾貴士が、2年2カ月ぶりの日本代表復帰でアピールに成功した。国際親善試合のシリア戦で後半途中から投入されると、チャンスを何度も創出。得点にこそ絡めなかったものの、アピールに成功したアタッカーは「楽しさ」あふれるプレーを見せつけた。

【動画】世界に衝撃! 日本代表“10番“中村俊輔がフランス戦で決めた「完璧なFK」

「楽しくはできました。ただ勝ちにつながらなかったのは反省点です。楽しくやるなかで、結果を出さないと意味がない」

 シリア戦後、乾はこう語った。試合はMF香川真司が左肩を痛めて前半10分で途中交代し、後半3分に先制点を許す苦しい展開に。同13分にMF今野泰幸の同点ゴールで追いついた直後、乾はFW原口元気に代わって投入され、左サイドのアタッカーに配置された。

「(監督からは)どんどん裏を狙えと言われていました。ただ裏ばっかり狙っていても、ちょっときついかなと思ったので、慌ただしい時間が続いていたというか、そのなかでミスが増えていた。落ち着かせるところは落ち着かせながらやらないといけないと。落ち着きながら、判断を早くする」

 バヒド・ハリルホジッチ監督からの指示だけでなく自身の判断も尊重した乾。後半15分には相手マーカーをものともせずにドリブルで持ち運んだ。そして同32分には、サイドチェンジから絶妙のトラップでボールを収めると、ダブルタッチで相手マーカーを交わしてフィニッシュまで持ち込むなど、持ち味を存分に発揮した。

長友との連携に手応え 「関係性は良かった」

 左サイドバックのDF長友佑都も「あいつが上手いからね。僕は走ればいいだけ(笑)。好きな形でやらせて走ればボールは出てくる。相手のサイドバックが2対1を作っていたし、嫌がっていた」と語っているが、乾も長友とのコンビネーションに手応えをつかんでいた。

「佑都くんが僕の裏を走ってくれたので。そこのコンビネーションも良かったですし、関係性は良かった。自分が中に入った時にユウト君が外を走ってくれた。それが出れば崩しやすいと思う」

 海外組で事前に行われた合宿では、右足首痛で練習を切り上げるなどコンディション面で懸念された部分もあったが、実戦ではキレのある動きを見せた。今予選で絶好調だった原口とのレギュラー争いとなるが、今季エイバルで見せた充実のプレーぶりを日本の地でも発揮したのは確かだ。

「楽しむ」をキーワードに挙げて今回の代表2連戦に臨んでいる乾が見せたプレーには、充実感が漂っていた。試合は1-1の引き分けに終わり、負傷交代した香川の状態も不安視されるが、日本屈指のテクニシャンの好調ぶりは13日のワールドカップ・アジア最終予選イラク戦に向けてバヒド・ハリルホジッチ監督にとっては明るい材料となりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/7(水) 23:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新