ここから本文です

【日本代表】「アイツが上手いだけ」。長友佑都がシリア戦で絶賛したアタッカーとは?

6/7(水) 23:23配信

SOCCER DIGEST Web

昌子との連係については「徐々に感覚は良くなった」。

[キリンチャレンジカップ2017]日本 1-1 シリア/6月7日/東京スタジアム
 
 6月7日のシリアとの親善試合は“意外”にもドロー。試合全体の内容について、長友はもちろん満足などしていなかった。
 
「結構つまっている状態で前にボールをつけすぎて、そこで取られてショートカウンターを食らう場面もあった。ミスは多かったと思います」
 
 この日は、長友の右横のCBが昌子だった。ロシア・ワールドカップのアジア最終予選では3月のタイ戦までずっと森重と組んでいたため、多少なりとも戸惑いはあったようだ。
 
「代表戦で昌子と組んだのは初めてだったので、彼の特徴なんかを感じながらプレーしていました。最初はバタバタした部分もありましたけど、それは仕方ない。サッカーは感覚がすごく大事なスポーツ。ずっと長い間、同じ選手とやっていればお互いに分かりあえてやりやすい関係になりますけど、こうやって新しい選手と試合中に感覚を確かめ合うのも大切。今日も徐々に感覚は良くなっていったと思います」
 
 事実、後半に入ると、長友のパフォーマンスはぐっと上がった。「相手もバテてきた」という局面で、この左SBは決定的な仕事をやってのける。58分、エリア内に切り込んでからのクロスで今野の同点ゴールをアシストしたのだ。
 
「崩しの形がまず良かった。トライアングルを作って、僕のところにボールが出るというのは、練習していたとおりだったので。コンちゃん(今野)にパスを出せたのは、倉田がGKの前にいたDFを引き付けてくれたからです。最初は倉田に出そうと思ったんですけど、DFが倉田に食いついて、コンちゃんが空いたので、あの倉田の動きがすべてだった。(倉田が)僕を助けてくれました」
 
 倉田などとのコンビネーションが冴えた長友だが、ある選手との連係については「いやいや」と“否定”した。
 
「良い関係というか、アイツが上手いだけです。僕はただ走ればいいだけですから。好きな形でやらせればボールが出てくるし」
 
 
 長友がそう称賛したのは、およそ2年ぶりに左サイドでコンビを組んだテクニシャン、乾貴士だった。記者団から「それでも久しぶりにコンビを組んだとは思えなかったですね?」と改めて質問されると、長友は少し頬を緩めながら再度“否定”した。
 
「コンビというか、アイツが上手いんでね。相手も嫌がっていたし、良い形を作れたと思います」

【日本代表】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち♥

 その言葉からは、深い信頼関係を感じ取れた。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/8(木) 17:14
SOCCER DIGEST Web