ここから本文です

飛行機よりはるかに危険、トラック業界の利益優先体質

6/7(水) 20:17配信

ニューズウィーク日本版

<死亡事故がダントツに多いのに、今以上にトラックを大型化したがる業界はどうかしている。安全技術を導入し、運転手の時短をして事故を減らすのが先決だ>

アメリカでは高速道路での死亡事故が右肩上がりで、道路や橋の老朽化が刻一刻と進んでいる。だがトラック運送業界はまたしても、公共の利益に反するトラックの総重量規制の上限を引き上げを米議会に働きかけている。

議会がこれまで再三にわたりトラック業界の要求を拒んできたのにはもっともな理由がある。トラックが大型化すれば車両のバランスが悪くなるうえ、ブレーキを踏んでから停止するまでの「制動距離」も長くなる。重大な事故が発生する危険性が高まるのだ。

現に、トラック関連の死亡事故は増加の一途をたどっている。2014~2015年までの1年間に、全トラックの走行距離は0.3%しか伸びなかったのに対し、トラック関連の死亡事故は4050件、前年より8%も増えた。これまでの趨勢をあてはめれば、今年1年間でトラック絡みの衝突事故で死亡する人の数は、過去45年間に民間の航空会社による飛行機事故で死亡した人の総数を上回る。

トラック運送業界はそれでも、今年中に総重量規制の上限引き上げ法案を提出する構え。議会は2015年に、州間高速道路を走行するトラックの総重量を1982年に定められた上限の約36トンから約41トンへと引き上げる法改正案を廃案にしているのにも関わらず、だ。

急には止まれないトラック

トラックが絡む死亡事故の多くは追突事故だ。米運輸省の統計によれば、2015年に道路工事区間で死者を出した衝突事故のうち27%は、大型トラック関連の事故だった。高速道路の通行量全体に占める大型トラックの割合はわずか10%前後に過ぎないので、大型トラックがいかに危険かわかる。こうした事故の原因は、道路工事で停車中の車両にトラックが追突する場合がほとんどだ。

トラック運送業界は、誰もが安全に自動車を運転できる技術が開発されても、コストがかかるの一点張りで搭載に抵抗する。多くの新型車両は自動ブレーキや車線逸脱警報装置、定速走行・車間距離制御装置などを搭載するが、国内の高速道路を走行するほとんどのトラックは装備していない。

疲労するトラック運転手の待遇改善を目指す連邦政府の動きにも抵抗を続けている。現行制度の下では、トラック運転手は週の労働時間が合計77時間以内であれば法律の範囲内だ。



総重量規制の上限を引き上げれば相対的に道路を走行するトラックの台数も減ると、トラック運送業界は主張する。だが過去の教訓から、1度に運搬できる貨物量の上限が増えれば、重量当たりの輸送コストが下がるため、それまで別の輸送手段で運ばれていた貨物までもがどんどんトラック輸送に切り替わるようになる。つまりトラックの総重量が上積みされた分だけ、トラックの通行量は減るどころか逆に増加するのだ。

陸上輸送はアメリカ経済の生命線であり、国内輸送のほぼ70%を占める。だが我々消費者は、輸送コストの削減ばかりに目を奪われず、トラックの事故をなくすための新たな取り組みを業界に要求するべきだ。

トラック運送会社は車両の大型化を訴える以前に、自社の運転手や一般の人々を交通事故から守るため、少なくとも最新の安全装置を購入して個々の車両に搭載する義務を果たすべきだ。総重量規制の緩和を言う前に、トラック運送会社が安全装置を装備し、トラック関連の交通事故を減らしてから言うべきだ。

(翻訳:河原里香)

ハワード・アブラムソン(全米トラック協会の元上級役員)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・29号
8/22発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。