ここから本文です

マケレレ氏、プレミアMVPを後継者とは認めず。「比較の仕方がよくない」

6/7(水) 15:10配信

フットボールチャンネル

 かつてレアル・マドリーやチェルシーでプレーをし、守備職人として知られるクロード・マケレレ氏が、今季プレミアリーグMVPを獲得し自身の後継者とも呼ばれているチェルシーのMFエンゴロ・カンテについて辛口なコメントを残した。英紙『インデペンデント』が伝えた。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したポグバが1位に。その移籍金額は… 移籍金歴代トップ10

 マケレレ氏は、今季チェルシーで中盤の要として活躍しチームへタイトルをもたらしたカンテについて「現在カンテは特別で世界最高の中盤の選手の一人だ」と称賛しつつも、「しかし私は25年間このレベルでプレーしていた。だから比較の仕方がよくないと思う」とコメントするなど現段階で自身の後継者と呼ばれていることに懐疑的な態度を示した。

 また、前所属のレスター、現所属のチェルシーでチャンピオンズリーグ(以下CL)を経験していないことが90分間走り続けられている要因であるとの見解も示した。

 「CLや代表戦での試合が増えれば、90分間常に走り続けることは無理だろう。だから自分のプレーリズム、つまりプレースタイルを見直す必要が出てくるだろう。彼が私よりも多くの成功を掴むことを願っているよ」

 現段階ではマケレレ氏の後継者として公認はされていないものの、これは来季以降カンテのモチベーションアップにつながることだろう。まずは来季、自身初となるCLを戦いながらどこまで高いパフォーマンスを維持できるかに注目したい。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)