ここから本文です

マンUもドルトのエースに関心か。ミランやPSGと争奪戦に?

6/7(水) 19:01配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドが、ボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンに興味を示している。英紙『デイリー・ミラー』が伝えた。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したポグバが1位に。その移籍金額は… 移籍金歴代トップ10

 ユナイテッドはFWズラタン・イブラヒモビッチが長期離脱中で、次のシーズンも前半戦の起用は難しい。そこでジョゼ・モウリーニョ監督は新しいFWを求めているが、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンの獲得は失敗した模様で、レアル・マドリーのアルバロ・モラタも交渉は難航しているようだ。

 そのため、オーバメヤンの獲得も選択肢に入れているという。

 ドルトムントのエースには複数のビッグクラブが関心を示しており、パリ・サンジェルマンは7000万ユーロ(約86億円)の移籍金を用意したとの報道があった。その後、ドルトムントはこれを否定したが、いずれにしても獲得にかかる費用は高額になりそうだ。

 オーバメヤン争奪戦を制するのはどのクラブだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)