ここから本文です

ダ・ヴィンチ本誌で、鳥飼茜のマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』スタート! ■記念対談(前編)岸田繁(くるり)×鳥飼茜

6/7(水) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチ7月号(7/6売)から、鳥飼茜さんのマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』がスタートする。新連載の舞台は、日常には男がおらず、女ばかりが暮らしている架空の世界のスラム。

以前から、くるりの大ファンだった鳥飼茜さんだが、本作は、昨年リリースされた『琥珀色の街、上海蟹の朝』に強くインスパイアされたという。折しも、岸田繁さんも11年にもわたる連載エッセイ『石、転がっといたらええやん。』が書籍化されたばかり。ここに、くるりのフロントマン・岸田さんとの貴重な対談が実現した!

※ダ・ヴィンチ7月号本誌には、鳥飼さんのインタビューも掲載。本編『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』とともに、そちらもぜひごらんください。

(右)きしだ・しげる●1976年、京都府生まれ。作曲家。ロックバンド・くるりではギター&ボーカルを務める。2016年に結成20周年を記念し、ベストアルバム『くるりの20回転』を発売。今年5月、岸田が初めて交響曲を作曲した『岸田繁「交響曲第一番」初演』がCD化された。

(左)とりかい・あかね●1981年、大阪府生まれ。2004年デビュー。10年より『モーニング・ツー』で『おはようおかえり』を連載し、『地獄のガールフレンド』『おんなのいえ』などで大きな注目を集める。現在、『先生の白い噓』『ロマンス暴風域』『前略、前進の君』を連載中。
『上海蟹の朝』は夢と現実の中間のようにイメージされて、
描きたいと思った世界観にとても近かったんです。(鳥飼)
僕も、もっとかわいらしく生きといたらよかったな、
もう取り戻せへんけど。(岸田)  

鳥飼 19~20歳の頃から、ずっとくるりを聴いていて、ものすごく大好きだったんです。その後、生活の変化でくっついたり離れたりはあったんですが、去年の年末、ちょうど今回の新連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』を考え始めた頃に、シングルの『琥珀色の街、上海蟹の朝』、アルバムの『THE PIER』と『坩堝の電圧』をまとめて聴いて、「くるり、すごいことになってる!」と衝撃を受けました。とくに『上海蟹』には、がっつりインスパイアされました。

1/6ページ