ここから本文です

球史に残る2010年「史上最大の下剋上」の裏側とは!? 元千葉ロッテ・里崎智也氏インタビュー【後編】

6/7(水) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 1999年から2014年まで、15年間千葉ロッテマリーンズ一筋で活躍した里崎智也氏。厳しいプロ野球の世界で光り輝くことができたのは『エリートの倒し方 天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50』(里崎智也/飛鳥新社)で語られている“里崎流思考術”が要因であったようだ。後編では現役時代のライバルについて。そして2010年にシーズン3位から劇的な優勝を遂げた「史上最大の下剋上」の裏話などについて語ってもらった。

◎「準備」段階は人を見て、「勝負」のときは人を見ない

――現役時代、ライバルはいましたか?

里崎:ライバルは「こうなりたい」っていう自分自身の理想ですね。他の人よりも僕の理想の方が凄いんですよ(笑)。そして、一生追い付くことがない。だからずっと納得できなくて、一生努力できるんです。

――それでも、自分のチーム内や他球団にも素晴らしい選手はいましたよね? 気にはならなかったですか?

里崎:気にならないといえばウソになります。でも気にしても、その選手が頑張ることも落ちていくこともどうすることもできないですよね。それに他人を気にするということは、そいつに負けてるっていうことを自覚してるのと一緒。だから「気になる」じゃなくて「気にしない」なんです。まぁ、もともと人に負けてるなんて思ってないですけど(笑)。

――里崎さんの絶対的な自信はどこから出てくるんですか?

里崎:能力ですね。とび職は高い所でも緊張しないですよね? それは高い所でも作業ができるスキルがあるから。だから能力を手に入れるために練習すべき。能力があって初めて、準備したことが本番で結果になって、成功体験が自信につながる。これを繰り返すことで自信がもっと大きくなるんです。

――その自信が2010年の「最高の下剋上を見せる!」という名言につながるんですね!

里崎:そう言った方が盛り上がるじゃないですか(笑)。言ったもん勝ちです。

――あれ(笑)? できなかったらどうしようって考えませんでした?

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい