ここから本文です

やせられないのも調子が悪いのも“呼吸”が原因!? 正しい呼吸法「均等呼吸」の4大メリット

6/7(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 最新のストレッチ理論を紹介する『呼吸と姿勢の新法則 呼吸ストレッチであるべき姿にカラダリセット!』が2017年6月5日(月)に発売された。

 人の自然呼吸は1日に約3万回行われる。誰でもできる呼吸だからこそ、呼吸が乱れるとカラダもココロも乱れていく。同書では、自然と行っている「呼吸」のこと、呼吸が及ぼす姿勢への効果と全身への影響、カラダを整える「呼吸ストレッチ」の最新理論を紹介している。特に「吐く」よりも難しい「吸う」が整うとカラダがキレイになっていき、さまざまな不調も改善される。ここでは呼吸が乱れることによりまねかれる「不調」の例を紹介しよう。

ストレートネック
呼吸が浅いと頭の位置が次第に前へ。首の筋肉が頭の重さを支えられず首がまっすぐになってしまう。こういった症状を「ストレートネック」というのだが、首の斜角筋や胸鎖乳突筋、僧帽筋などに強い負担をかけることになり、これらの筋肉が硬直すると、血管や神経が圧迫され、首こり、肩こり、めまいを起こしやすくなる。さらに自律神経のバランスをくずしてさまざまな病気の原因にもつながってしまう。

疲れやすい
人は疲れると頭が前に出て、背中が丸まりがち。このとき吐く方が優位になっていて「吸う」が十分にできずに、浅い呼吸になってしまう。これにより酸素をうまく取り込めず、血流がダウン。結果、疲れが取れなくなってしまう。疲れていると人は正しい姿勢を保てない。ファイティングポーズで比較すると一目瞭然だ。

首こり・肩こり
吸うための筋肉は首と肩まで連動しているので、浅い呼吸が続くと筋肉の動きも小さくなって血流が滞り、疲労物質が蓄積し、それが“こり”につながる。人間の頭部は約5kgだが、頭が正しい位置にないと、首の後ろ側の付け根には10kg、20kg、またはそれ以上の負荷ががかってしまう。

ぽっこりおなか
呼吸が浅いと横隔膜が収縮しないので、内臓を支える筋肉も動きにくい。すると、内臓が正しい位置から下垂し、ぽっこりお腹の原因に。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい