ここから本文です

マツコの知らない世界一躍時の人になった「再現女優」ギャラはネズミより安い

6/7(水) 17:45配信

デイリー新潮

 アメブロ急上昇ランキングで突如1位に躍り出た芳野友美という人物。あれ? どこかで見たことあるような気がするけど、誰だっけ……と思ったあなた、おそらく大正解。実は芳野さんは再現VTRを中心に活躍する、いわゆる“再現女優”なのである。

 彼女が注目を集めるきっかけとなったのは、5日放送のTBS系「マツコの知らない世界」で特集された「再現女優の世界」。芳野さんは、再現女優歴約10年で、日テレ系「行列のできる法律相談所」やTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」など人気番組の再現VTRに300本以上出演しているという。それだけ引っ張りだこなら、女優業だけで食べていけるのでは…と思ってしまうが、番組内で明かされたギャラはなんと月平均で3万円。もちろんそれだけでは食べていけず、女優業と掛け持ちでアルバイトもしているという。

 ただ、芳野さんのギャラはまだ良い方で、新人だと月8000円程度しか稼げない上に、事務所と折半なので手元には4000円しか残らない、なんて悲惨な状態なんだとか。参考に流れた動物のギャラを見ると犬「約10万円」、猫「約8万円」、ネズミ「約1万5000円」ということで、なんとネズミより安いギャラで働いている計算になるわけで、これにはマツコも「あれだけ演技しているわけじゃない? それには見合ってないわよね」「テレビ業界の闇を見ているよう」と驚きを露わにした。

 芳野さんは現在、36歳。築35年、家賃5万1000円の1Kに暮らしている。主食はバナナで、食費にはお金をかけていない。再現女優は、衣装や小道具などを自前で用意しないといけないこともあるため、自宅にはカツラや衣装、など様々な小道具が溢れている。

 芳野さんは自身のブログで「バラエティー番組は前々から興味ありで『出たい!』って思ってたので本当に嬉しかったです。加えて、今回は再現ドラマの世界って大変だけど、役者さんも作り手さんも、こんなに熱意を持ってお芝居に取り組んでるんだってことをお伝えできて嬉しかったです。そんな機会を与えてくださったマツコさんはじめ、スタッフの皆様方、この場をお借りして、本当にありがとうございました」と綴っている。

 再現女優の素顔を知ることで、今まで以上に再現VTRを楽しく見ることができそうだ。

デイリー新潮編集部

2017年6月7日 掲載

新潮社

最終更新:6/7(水) 17:45
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。