ここから本文です

「知っている」人は8割でも「加入している」人は2割以下 「自転車保険に関する意識調査」

6/8(木) 16:54配信

オーヴォ

 自転車通学の中高生を持つ親ならぜひ知っておきたいことだ。中高生の自転車事故が最も多いのは1年のうち5月・6月だという(“自転車の安全利用促進委員会”調べ)。新生活や新しい通学ルートにも慣れ、緊張が緩み始める頃だというのがその理由だと推察されているが、事故に対する親世代の備えはどんな状況なのだろうか。「au自転車向けほけん」を提供するKDDIは、日常的に自転車に乗る人(有効サンプル数1,000人)を対象に「自転車保険に関する意識調査」を実施し、その実態を明らかにしている。

 まず、自転車事故で多額の賠償請求があった事例を知っているかという問いに対し、60.4%が「知っている」と回答。さらに「子供が加害者になって親が請求されたケースを知っている」と答えた人も47.9%と約半数に上った(複数回答)。子供の年代別で分けると、小学生の子を持つ親の認知度が最も高かった(60.2%)。

 では、自転車事故の高額賠償金を補償する「自転車保険」についてはどうだろう。「名前を聞いたことがある」(52.7%)と「補償内容まで知っている」(25.7%)を合わせると、約8割が「知っている」という結果となり、認知度はかなり高い。だが、世代別に見ると20代(28.5%)、30代(27.5%)はともに3割近くが「知らない」と、若い世代の自転車保険への認知度が低い傾向が浮き彫りになった。さらに、中学生の子供を持つ親の、およそ4人に1人が自転車保険を「知らない」(24.6%)と回答するなど、最も知っているべき親世代の関心の低さがうかがえる。

 自転車保険の「補償内容まで知っている」と回答した人のうち、「自転車保険に加入している」(68.5%)という回答は約7割近くに。ところが、全体(1,000人)で見ると自転車保険に加入しているのは176人(17.6%)にとどまり、加入者はまだまだ少ないというのが実情だ。認知度は高いが加入者は少ない自転車保険。ひとたび加害者になったらとんでもない高額賠償金を請求される可能性があるだけに、注目はしているが加入にまでは至っていないというところだろうか。

 自転車保険に注目が集まる中、KDDIの「au自転車向けほけん」とau損保の「au損保 自転車向け保険」は、個人賠償責任補償・示談代行・ロードサービスなど手厚い補償が特徴だ。自転車事故はもちろん、それ以外の交通事故までカバーする「Bycle」、さらには自転車以外でのスポーツやレジャー、日常生活での事故の怪我までをカバーする「Bycle Best」の2つのプランがあり、それぞれ家族構成やライフスタイルに応じてタイプを選べ、補償内容や金額に応じてコースが選択できる。自転車保険の存在を知っているだけではなく実際に加入する、それは親の責任と言ってもいいだろう。

 なお、2017年6月9日から、『“家族タイプ”に加入して「ダイソン掃除機」が当たる!!キャンペーン』も実施中。自転車保険を検討するならいまがチャンスかもしれない。

最終更新:6/9(金) 10:32
オーヴォ