ここから本文です

EXILE佐藤大樹、舞台で歌にも初挑戦 稽古積み重ね「不安要素は消えました」

6/8(木) 19:10配信

エンタメOVO

 舞台「錆色のアーマ」の公開舞台稽古が8日、東京都内で行われ、稽古前にW主演する佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、増田俊樹が囲み取材に応じた。

 本作は、戦乱の世を舞台に「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を携え天下統一を夢見た男たちが、企て、惹かれ、裏切り、葛藤していくそれぞれの生き様を描き出す、史実に基づいた完全オリジナルストーリー。このたび、EXILE最年少パフォーマーとして活躍し、高い演技力でも評価を得ている佐藤、そして洋画・アニメ・ゲームを中心に声優として存在感を見せている増田という異色のタッグが実現した。

 佐藤は、開幕を直前に控えた心境について「待ち遠しかった。ここまで最高のスタッフと役者さんとゼロから作り上げてきた舞台なので、早くお客さんに見ていただきたい気持ちでいっぱいです」とコメント。舞台衣装についても「男の子の本能として、やはり武器などを持つとテンションが上がります」と声を弾ませた。

 一方、織田信長役の増田は「一カ月の稽古で素晴らしいものが出来上がった」と自負しつつも「一個人としては久しぶりに立つ舞台」とやや緊張気味。「舞台の上には魔物が住んでいると聞くので、本番で良いことがたくさん起こることを望みながらも、怖さと共にけがのないよう頑張りたい」と気を引き締め「座長がしっかり前を向いて歩いているので、追うように、歯向かいながら歩きたい」と力を込めた。

 佐藤が演じる孫一(まごいち)は、戦いの才で傭兵集団・雑賀衆を率い、姉の敵である信長を狙う役どころ。佐藤は、劇中で初めて歌にも挑戦するそうで「すごく不安だったけど、皆さんの力を借りながらたくさん練習したので、もう不安要素は消えました」とニッコリ。また「織田さんと顕如(僧侶)の2人の歌が個人的にすごく好き。声もいいし、歌もうまいし、華もある」と見どころをアピールしつつ「これは負けてられないなという思い。自分は雑賀として踊る場面が結構あるのでチーム力を見せられたら。普段、ダンスをやっているのでそこは負けないように頑張りたい」と息巻いた。

 舞台は6月8日~18日、都内のAiiA2.5Theater Tokyo、6月22日~25日、大阪の森ノ宮ピロティホールで上演。

最終更新:6/8(木) 19:10
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!