ここから本文です

HIV支援の一環で「モスキーノ」がスポンジ・ボブとコラボ

6/8(木) 20:00配信

WWD JAPAN.com

 米子ども向けケーブルチャンネル、ニコロデオン(Nickelodeon)と世界的ロックバンドU2が設立したHIV支援活動(RED)が、「モスキーノ(MOSCHINO)」とタッグを組み、ニコロデオンで放映している人気テレビアニメ、スポンジ・ボブのコラボレーション商品を発売する。

 このカプセルコレクションは6月8日にロサンゼルスのミルク・スタジオで行われる「モスキーノ」のリゾートコレクションで発表され、11月初旬に「モスキーノ」の店舗を中心に発売予定だ。今回のコラボ商品によってニコロデオンがあげる利益は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付される。

 ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)「モスキーノ」クリエイティブ・ディレクターがデザインを手がけたアイテムは16種。ウィメンズ、メンズ、キッズ、スイムウエア、バッグまで幅広くカバーした。価格はメンズのTシャツは250~480ドル(約2万7500~5万2800円)、ウィメンズのTシャツは450ドル(約4万9500円)だ。

 ジェレミーはスポンジ・ボブは好きかという質問に、「もちろん好きだよ。むしろ嫌いな人なんているのかい?それこそが今回このコラボが実現した1番の理由だからね。『スポンジ・ボブ』のゴールドのネックレスを自分で作って、ショーの最後で挨拶するときに身につけたことがあったんだ。そしたらニコロデオンから手紙が届いて、将来一緒に仕事しないかと書かれていた。もちろん答えはイエス。それから1年後、僕の『モスキーノ』のデビューコレクションでスポンジ・ボブがモチーフのバッグやニットを披露することになったけど、あれはかなりヒットして、今となっては僕のデビューコレクションの伝説のひとつかな」と答えた。

 なお、(RED)とは、グローバル消費財メーカーが、「(プロダクト)レッド(PRODUCT)RED 」という共通ブランドの商品を開発・販売することで挙げた収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付することによって、 アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組み。これまでジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)、アメリカン・エキスプレ(American Express)、ギャップ(GAP)など、様々な業種の企業がパートナーとして参加している。最近ではアップル(Apple)が真っ赤なiPhone7を発売し話題になった。

最終更新:6/8(木) 20:00
WWD JAPAN.com