ここから本文です

【コラム】野崎萌香とカオマンガイ&カオソーイ

6/8(木) 15:31配信

東京ウォーカー

モデル、女優として活躍中の野崎萌香もハマっているエスニックフードの王道タイ料理。仕事の合間のランチでもタイ料理の比率が高いという彼女がおすすめする「カオマンガイ」の楽しみ方、初めて食べた「カオソーイ」の魅力をご紹介。

【写真を見る】オールドタイランド GEM市ヶ谷店の「カオマンガイ」(1000円※ランチは生春巻きとスープor小ライス付き)

■ カオマンガイと私

ぷりっぷりの茹でた鶏肉に

ふんわり香るジャスミンライス。

たっぷりとのったパクチーの上に

ピリリと辛いタレをかける至福の瞬間。

お仕事の合間のさくっとランチは

タイ料理比率が高いかも。

カオマンガイはがっつりたべたい時の

お決まりメニュー。

辛いもの好きなら、

タレはたっぷり、がおすすめです。

オールドタイランド GEM市ヶ谷店の「カオマンガイ」(1000円※ランチは生春巻きとスープor小ライス付き)は辛味噌ソースと香り高いご飯に茹で鶏をたっぷり。

平日の昼時にはいつも混み合うオフィス街・市ヶ谷のタイレストラン。10種以上のランチメニューがそろい、すべてのランチに小鉢2品がつくのもうれしい。

■ カオソーイと私

今回はじめて食べたカオソーイ。

クリーミーなんだけど

スパイスが効いたカレースープに

食感の違う茹で&揚げ麺。

うん……、これ好きかも!

タイにいる錯覚におちいりそうな

現地のような店内と、

異次元のシチュエーションで食べる

クセになりそうな初体験の味に

タイ料理アディクト、再発しそう。

999(カオカオカオ)の「カオソーイ」(950円)は特注の卵麺にタイ生姜が香る濃厚スープが特長。パクチー好きなら「バケツパクチー」(500円)追加はマスト。

中野駅から徒歩3分、大衆居酒屋が密集するエリアの狭い路地裏にありながら、週末ともなると予約が1カ月先しか取れないこともあるほどの繁盛店。日本人向けのアレンジがされていない現地タイそのままの味が楽しめる。【東京ウォーカー】

最終更新:6/8(木) 15:31
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢