ここから本文です

グウィネス・パルトローのローフードダイエットは危険?専門家が警告

6/8(木) 16:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

グウィネス・パルトローやデミ・ムーア、マドンナなどが支持するローフードダイエットは、実は危険な可能性がある。

【写真】専門家が指摘するローフードダイエットの危険な落とし穴とは

遺伝学の専門家であるスティーブ・ジョーンズ博士は、長期にわたってローフフードダイエットを実践すると、死に至る危険性があると言う。博士によると、人間はローフードを消化して処理する能力を失っているため、体に害を与える潜在性が高いらしい。
「人間は、動物の中で唯一、ローフードだけを食べていると餓死してしまうのです」
「我々は、ローフードを消化する酵素や吸収するメカニズムを失ってしまいました。筋肉の強さも失いました。いろいろなものを失ったのです」

さまざまな理由から、ローフードしか食べない人がいる。体重管理のための人もいれば、環境に配慮して実践している人もいる。また、ビタミンやミネラルが調理によって損なわれてしまうと考えている人もいる。
食事の栄養成分が増すのはいいことだが、ローフードだけを食べることが健康にいいとは限らないようだ。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。