ここから本文です

WHOが発表した「世界でいちばん呼吸したい国」

6/8(木) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

WHO(世界保健機関)が「各国都市部におけるPM2.5(微小粒子状物質)の年平均濃度」データを発表しました(2017年5月18日)。


世界179カ国で調査された結果、PM2.5の濃度が低い(空気がキレイ)順に以下のランキングになっています。


1位 ソロモン諸島(5.0)

2位 ニュージーランド(5.3)

3位 ブルネイ(5.4)

4位 オーストラリア(5.8)

5位 スウェーデン(5.9)

6位 フィジー、ミクロネシア連邦、リベリア(6.0)

9位 バヌアツ(7.0)

10位 フィンランド(7.1)
-------------------

32位 日本(12.9)
-------------------

163位 中国(59.5)
-------------------

177位 エジプト(100.6)

178位 カタール(104.6)

179位 サウジアラビア(127.1)

( )内の数値は、PM2.5の年平均濃度です。単位はμg/立米。


ベスト10のうち、オセアニアから6カ国(ソロモン、ニュージーランド、オーストラリア、フィジー、ミクロネシア連邦、バヌアツ)がランクイン。私が住むフィジーも6位と健闘。一方、中東エリアの汚染状況がかなり酷いですね。

濃度が高いほど、呼吸器疾患や心疾患による死亡率が高くなります。中国の中でも北京や天津などでは、100μg/立米(年平均)程度になっており、日本の環境基準である15μg/立米(年平均)の6倍以上です。


最近、日本ではPM2.5対策用の化粧品(毛穴に入り込んだ汚染物質を洗い流す洗顔料など)が注目を集めているようです。美容や健康のために、キレイな空気かどうかで住む環境を選ぶ「空気移住」が流行るようになるかもしれません。


いろいろと世の中が便利になった分、空気や水のような「当たり前のインフラ」が脅かされています。その結果、それらの価値が大きくなってきています。


ここ数年、フィジーに移住してくる中国人がどんどん増えてきている理由の1つも「吸える空気」ですから。



永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)
「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。 2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2011/2014/2016)のフィジー共和国へ2007年から移住し、現在11年目。現職は在フィジー語学学校(Free Bird Institute)のマネージャー。 100カ国を旅した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー(2017)や教育ファシリテーター(2013)として参加、教育企画の立案、スカイプ・コーチング、旅ライターとして執筆、などの活動もしており、フィジーと日本を行き来するデュアル・ライフを実践中。関心が強い分野は「留学」「海外就職」「海外移住」「難民支援」。1977年、大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。一児の父。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。