ここから本文です

CAが実践!フライト中の超乾燥環境での“うるおい仕込み“がお肌を救う!? [with]

6/8(木) 11:30配信

講談社 JOSEISHI.NET

これからの暑い季節はメイクくずれの不安要素がてんこ盛り! くずれやすいシチュエーションでも常に完璧な美をキープしている美女のマル秘テク&愛用アイテムを徹底取材しました。エマージェンシーな季節をのりきるべくメイクテクをチェックして。

機内は湿度20%以下の超乾燥環境 CA編

CA Media キャビンアテンダント/大野亜由美さん(26歳)

肌質 「乾燥肌」

肌悩み 「フライト中はファンデがパリパリになるほどの乾燥に悩まされます。」

フライト中の乾燥は砂漠レベル! “うるおい仕込み“で乗り越える

乾燥はCAの職業病。とにかく機内の湿度が低く、同僚もみんな乾燥に悩んでいます。しかも常に笑顔でいなければならないため笑いジワにファンデやチークが溜まらないよう、みずみずしい質感のアイテムを選びがマスト

ベースメイク

保湿系下地とクッションファンデを“ベビーパウダー“で定着させる!
「ミシャのクッションファンデ(B)はカバー力とみずみずしさが魅力。保湿力の高いポーラの下地(A)に重ねます。 仕上げに資生堂のベビーパウダー(C)。普通のお粉より乾きにくいのです」

A うるんとつやめくメイクアップベース B 端正なツヤを生み出すクッション C ブラシでふわっとのせると皮脂を吸着

くずれやすいTゾーンと頬はファンデをやや多めにオン。境目をきっちりなじませて自然に。

眉尻消失を防ぐために“眉にもパウダー“をふわり
「もともと眉は濃い方なのですが、やっぱり何もしないとまばらさが目立ちます。 描く前にベビーパウダーをのせて落ちにくくしてます」

毛の裏側にもファンデがついているので、眉全体にしっかり、パウダーをのせる。

目元

“下まぶたのシャイニーピンク“でどんよりくすんだ顔色を明るく!

時短も叶うオーブのブラシひと塗りシャドウ

「機内は暗いので顔色が悪く見えやすい。その対策として、下まぶたにシャイニーで明るいピンクをひと塗り。 クマも隠せるし、顔色がパッと華やぎます」

チーク&リップ

機内では“ピンク系の血色“が顔色を明るく見せます

D ビューティマインズのうるツヤティント E 色持ちを高めるナリスのクリームチーク

「自然光だとコーラルが似合う人も、機内の照明だとなぜか沈んじゃう。ピンク系のクリームチーク(E)とオイルティントリップ(D)が上品見えの鉄板アイテム」

【お直し術】 CAのカブりアイテム! SK-llの美容液ミスト

機内にそのまま持ち込めるサイズ

「手早く水分補給ができるSK-llの美容液ミストが今、CAの間で人気です。たっぷりスプレーしてもメイクがヨレないし、瞬時に保湿できる優れモノ」

with 2017年7月号より