ここから本文です

いまあえて本当のSXSWの話をしよう

6/8(木) 12:16配信

WIRED.jp

毎年3月に米テキサス州オースティンで行なわれるSXSWは、TwitterやAirbnbが広まるきっかけにもなった「テックスタートアップの登竜門」としても知られるイヴェントだ。だが2017年のSXSWでは、テック企業特有のオプティミズムはすっかりなりを潜めていた。彼らがもたらした「イノヴェイションの闇」とは何か。『WIRED』US版シニアライターのイジー・ラポウスキーが伝える。

テックな「サウスバイ」に興味はない! 日本の“オンナバンド”CHAIが見たSXSW

二日酔いは、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)ではおなじみの光景だ。有名ブランドのお酒がタダでたっぷり提供されるなか、プロダクトのデモとパネルディスカッションが連日深夜まで続く。気合いの入ったマーケターや無垢なスタートアッパーたちは、自分こそが次にここでブレイクするスター、少なくとも次の『Meerkat』になることを信じて、気持ち悪さに堪えながらピッチに臨む。

だが今年のSXSWは、カンファレンスそのものが二日酔いのなかにあるようだった。まるで毎年SXSWに参加してきた西海岸のエリートたちが、これまでのSXSWでローンチされ、称賛を集めてきたさまざまなアプリやプラットフォームが世の中をよくするためにまったく役に立っていなかったことに気づきながら、辛い頭痛とともに日曜日の朝を迎えたかのように。

確かにSXSWから広まったサーヴィスは、極めて破壊力の強いものだった。だが、そうであるがゆえに危険な副作用もあった。2013年には、たしかにこれらのすべてがよいアイデアのように思えたものだ。しかしいま、お祭り騒ぎは終わってしまった。後悔に満ちた後片付けの時間がやってきたのである。

対話にまつわる何かが決定的に変わってしまった

今年のSXSWのパネルディスカッションは、「トランプ政権下におけるテクノロジー」という話題を中心に展開された。それ以外の多くのディスカッションでも、登壇者たちは多種多様なアイデアのマーケットプレイスだと期待されたオンラインプラットフォームが、いかにして嫌がらせと偽情報に満ちた汚いゴミ捨て場へと成り果ててしまったかを語った。

3月12日には、ジャーナリストのジュリア・ヨッフェとラビのモルデカイ・ライトストーンが、ウェブ空間における反ユダヤ主義の台頭について率直に語り合った。ヨッフェは、大統領選挙のキャンペーン期間中にメラニア・トランプの半生を『GQ』US版に書き、口外されてこなかった彼女の異母兄弟について暴露した。

その結果、彼女の元には殺人予告やホロコーストを示すミームが殺到したという。ヨッフェは、はじめのうちは“荒らし”が送る画像の加工のうまさに感心している余裕があった。だが、そうした嫌がらせはエスカレートし、やがて深夜に棺桶や殺人現場の清掃を注文していないかと尋ねるような電話がかかってくるようになったという。

「“荒らし”はわたしの情報をオンラインで見つけ、業者のウェブサイトにアクセスしてわたしの連絡先を入力していたんです」とヨッフェはオーディエンスに話した。彼女は最終的に、こうした脅迫について警察に通報した。

ヨッフェがさらに“荒らし”を助長することになるかもしれないというリスクを冒してでも自身の体験を語ったのは、彼女が「対話にまつわる何かが決定的に変わってしまった」と感じ、そのことを世間に知らせたかったからだという。客席の2列目で耳を傾けていたヒジャブ姿の女性が、ヨッフェの言葉に熱心に頷いていた。

1/3ページ

最終更新:6/8(木) 12:16
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc